北極にマンモスを追う 先端科学でよみがえる古代の巨獣 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044052126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012年(底本2004年)刊。著者は東京慈恵会医科大学教授。絶滅したマンモスがシベリアの永久凍土で保存されていた。特に、軟組織の保存は他に類例を見ない。本書は、ソ連に存在したマンモス発掘の苦闘、発掘したマンモスの調査と結果、一般に広めるべく「愛・地球博」で公開するまでの奮闘等を、具体的にリポートする。学術的な言い回しが少なく、判りやすいが、他の同時期の生物との関係、生態系や環境考古学との連関は記載薄。医学的な検査技術が、考古学的分析手法に応用されている点(特に軟組織の分析)はなかなか面白い。

  • 永久凍土からよい状態で発見されたマンモスを傷つけずに、CTや三次元画像解析などの非破壊的手法で研究する筆者。
    その研究と愛・地球博展示のための輸送一大プロジェクトを追った作品。古代生物研究のロマン、そして著者のマンモス愛がひしひしと伝わってくる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京学芸大学准教授 博士(教育学)

「2021年 『子どもが育つサッカー指導の「秘訣」!!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木直樹の作品

ツイートする
×