赤ちゃんは顔をよむ (角川ソフィア文庫)

著者 : 山口真美
  • 角川学芸出版 (2013年5月25日発売)
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044052164

作品紹介

これまで、生まれたばかりの赤ちゃんはぼんやりとしか目が見えないと考えられていたが、生まれて数日後には母親の顔を好んで見ることがわかってきた! 「顔をよむ」ことで発達するメカニズムを解き明かす。

赤ちゃんは顔をよむ (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤ちゃんの顔認知、赤ちゃんに対する大人の顔認知、など。
    いろいろな実験や研究が紹介されている。
    ベビーシェマ。赤ちゃんっぽい車!?

  • 初めてきいた話もあり、
    ぼんやり知っていた事の確信がもてるようにもなり、
    絵本のみかたや選び方の参考になることも沢山あって
    とても興味深い内容でした。

  • 人間のメカニズムは驚くことばかり。
    特に赤ちゃんって面白い。


    紹介ーーーーamazonより
    小さくてかよわく見える、生まれたばかりの赤ちゃん。これまではぼんやりとしか目が見えないと考えられてきたが、実は生まれて数十時間後には、母親の方を好んで見ていることがわかってきた!笑っている、怒っている、悲しんでいる―「顔をよむ」ことで発達していく驚きの能力とそのメカニズムを追求。数々のユニークな実験と最新の研究成果から、知られざる世界を解き明かす。読めばもっと赤ちゃんが愛おしくなる。
    ーーーーーー

    目次ーamazonより
    第1章 生まれたばかりの赤ちゃんは、「顔」に注目する
      (生まれたばかりの赤ちゃんが顔に注目する証拠 
      赤ちゃんは顔の形が好き?それとも目が好き? ほか)
    第2章 お母さんの顔はいつわかる?―生後2日までの発達メカニズム
      (赤ちゃんはお母さんの顔が好き?
      親の姿かたちを学習する―鳥類の場合 ほか)
    第3章 赤ちゃんの見る世界、赤ちゃんの住む世界
      (赤ちゃんのモノの見方を調べる実験方法
      赤ちゃんの視力はどのくらい? ほか)
    第4章 「ひとみしり」がおこる頃―生後6ヶ月以降の発達をみる
      (赤ちゃんはいつ表情がわかる?
         ―赤ちゃんの表情に対する反応と好み 
      どの表情から区別しはじめるのか? ほか)
    第5章 赤ちゃんの顔はなぜかわいい?
      (子どもの顔と大人の顔、何が違う?
      子どもの顔のイメージは強い? ほか)

全4件中 1 - 4件を表示

赤ちゃんは顔をよむ (角川ソフィア文庫)のその他の作品

山口真美の作品

赤ちゃんは顔をよむ (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ツイートする