短歌はじめました。 百万人の短歌入門 (角川文庫ソフィア)

  • 角川書店
3.78
  • (14)
  • (25)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044054014

作品紹介・あらすじ

有名無名年齢性別既婚未婚等一切不問の短歌の会「猫又」。主宰・沢田の元に集まった、主婦、女優、プロレスラーたちの自由奔放な短歌に、気鋭の歌人・穂村と東が愛ある「評」で応える! 初心者必読の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 有名無名を問わず短歌が好きな人々で結成された短歌結社『猫又』

    猫又で生まれた歌を、穂村弘、東直子という気鋭の歌人が愛情豊かに感想を述べていきます。

    作法としては当然こうすべき、という指摘はありますが、
    感情に対して寧ろこうあるべき、という押しつけがないので、色んな解釈を楽しむことができ、理解しやすいです。

    ああ、歌人ってこういう風に歌を理解していくのね、という天才の頭のなかを覗き込む感じ。

    なんでも最初は理屈ではなく楽しめる。
    だんだん自分で枷を作って苦しくなるものですが、ここで短歌を歌っている人たちは、その最初の気持ちのまま突き進んでいるようで楽しい。
    (実際には生みの苦労にのたうちまわっているとは思いますが;)

  • 有名無名年齢性別既婚未婚等一切不問のファックス&メール短歌の会「猫又」。穂村&東の人気歌人ペアと「猫又」主催者が、短歌について語ります。

    このシリーズ(もう一冊は『短歌があるじゃないか。』)のおかげで、私は短歌に目覚めまることができました! 
    というわけで、まずはお礼を言いたい。どうもありがとうございます。

    いやー、短歌がこれほど面白いものだとは知らなかった。
    というか、この本を読むまでは、一体何が短歌の良し悪しなのか、そもそも自分が短歌を良い・悪いで判断できるのかすらわからなかった。
    でも、このシリーズを読み進めていくうちに、自分が短歌を読める(詠めるではなく)ことがこんなに面白いものなのか、と気づくことができた。

    この本では、「猫又」のメンバーが作った歌を、人気歌人の穂村さんと東さんが愛ある(?)評でコメントをつけ、主催の沢田さんが進行係みたいな形の対談集形式になっている。
    「猫又」のメンバーはほとんど素人で、どうやら澤田さんもそこまで短歌に詳しくない人のようなので(本歌取りを知らないくらいだから・・・)、初心者でも気軽に読める。

    対談形式なのでかなり読みやすく、肩肘張らずに読める短歌の本。また、評者が複数なので、ひとつの歌でも人によって解釈が違うのだ、ということが自然にわかっていいと思う。

    本はずっと好きで、人生の友だった。
    けれど、短歌のことはこの本ではじめてきちんと向き合った気がする。
    新しい世界を開拓できたことがうれしい一冊だった。

  • 椎名隊長の怪しい体験隊では、ドレイの沢田。吉野朔実劇場ではワインを飲んでる人。実は編集者の沢田康彦さんが小林恭二の短歌パラダイスに触発され、素人結社をつくる。(小林氏は俳句関連の著作が多いのに)

    素人の作と思って読むと、これが物凄く面白い。プロから見たら、傷はあるんだろうけれど、型に嵌らず、ぐいぐい読ませる作品多し。穂村弘と東直子の両プロが批評と解説をつけて、読み方を教えてくれる。
    同人は吉野朔実さん、女優の本上まなみさん、水泳選手の千葉すずさん、ちょっとH系写真や著作のある伴田良輔さんや一般の人たち。女性の歌の方が巧い。男はどうも理屈や説明に捕らわれるらしい。
    羨ましい。僕もこういう歌が詠めるようになりたい。

  • 短歌の持つ面白さ、奥深さ、シンプルだけど、やっぱり難しい。そんなことを感じた。だけど、評価はどうであれ、短歌を通していろいろな人の日常に思いを馳せれるのは素敵だな~。これだから、短歌は、という気持ち。

    ひらがなと漢字のバランスの話。ひらがなはゆっくり読めるとか。
    共感と驚異、歌にくびれを作って寸胴にならないようにっていうのは、難しいけど、意識していきたい。

    東直子さんの
    >あなたの言葉を、あなたの好きな人に出会わせてあげて下さい。そして、あなたの中に眠っている言葉に、あなた自身も、出会って下さい
    という言葉が素敵で、そして、励まされた。

  • すっと自分に入ってくる歌、自分にあう歌を読むと気持ちがいい。短歌をはじめてみたくなるのが半分、自分には詩情が欠けてるなあと落ちこむのが半分。

  • おもしろいけど…『短歌という爆弾 今すぐ歌人になりたいあなたのために』で十分かな。

  • FAX短歌会「猫又」に投稿された作品をもとに、短歌のつくり方を論じた入門書。「動詞は三つまで」「ルビは使うな」「さえ、すら、もはダメ」など参考になった。最後に、短歌には「驚異」が必要だということを肝に銘じよう。

  • みんなうまい。31文字で物語が立ち上がっていく。なかでも少し怖い短歌が好き。

  • まず、『猫又』のはじまりに、面白さを感じました。
    いわゆる「短歌が好きな人の短歌」ではなく、
    素人の「こんなのもありなのだ!」という短歌の中にも面白味がある、
    それを評することが、こんなにも面白いのだ!
    という感覚を味わうことができました。

    もちろん、具体的な短歌のテクニックも、学べます。

    短歌をそれほど好きでない人でも、言葉に関心がある方なら、楽しめるのではないでしょうか。

  • 短歌を始めたい人のための本です。
    いろいろな短歌を勉強させてもらいました。
    プロに見ていただける幸せがあふれています。
    私もこれで短歌の面白さを知りました。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら・ひろし)
1962年、北海道生まれ。歌人。1990年、歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍。2008年、短歌評論集『短歌の友人』で伊藤整文学賞、連作『楽しい一日』で短歌研究賞を受賞。エッセイ集『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞受賞。絵本『あかにんじゃ』で第4回ようちえん絵本大賞特別賞受賞。第4歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞受賞。他の著書に『世界音痴』『もうおうちへかえりましょう』『短歌ください』『ぼくの短歌ノート』『蚊がいる』など多数。

「2021年 『ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

穂村弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

短歌はじめました。 百万人の短歌入門 (角川文庫ソフィア)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×