ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)

  • 角川学芸出版 (2012年1月25日発売)
3.67
  • (8)
  • (21)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :205
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044054038

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短歌とは近寄りがたしと思えども この本読むとあら楽しそう

    「猫又」という同人会の主催者が 選首をまとめてコメントしてます

    会員に吉野朔美氏在籍中 コミックの如く味のある作

    吉野氏の歌のお勧め以下のもの 深いワールド彼女ならでは
         ↓
    「愛こめてどうか不幸であるように 君無き春の我無き君へ」(吉野朔美)

    この歌もびっくりしたけど気になった 聞けば作家は女子プロレスラー
         ↓
    「噛みつきとチェーンと棒と反則は あたしの技さ文句は言うな」 (プロレスラー尾崎魔弓)

    恥ずかしいことほど歌のいい材料 照れ回っては上達はばむ

    五・七・五・加えて七・七そのリズム 日本古来のすてきな宝

    今回は短歌調子でレビュー書き いつかは身近にできるといいな

  • 歌人、穂村弘はこんなひとなのか!
    と、思いながら読んだ。
    ゆるっとしたエッセイしか知らなくてごめんなさい。

    メール短歌会「猫又」なるものの同人たちの短歌を、穂村さんや「猫又」主宰の沢田さん、穂村さんと同じく「かばん」所属の東さんが講評している本。

    短歌を語っている穂村さんが意外で意外で…いえ、こちらが本職なんですけど、エッセイの感じと違っていて、同姓同名の別のひと?!と思うほど、笑

    毎回お題があるのですが、「芽きゃべつ」の回で豆苗やアーティチョークを知らなくてからかわれる穂村さんにホッとしました。


    こんなめにきみを会わせる人間は、ぼくのほかにありはしない(穂村弘、p.164)

  • う~ん、やっぱり面白いっ!
    私はこのシリーズ(『短歌はじめました。』『短歌があるじゃないか。』。執筆者はこの本と同じ)で短歌を読み始めた人間なので、その続編にあたる本作が出たときは「また『短歌~』シリーズが出たんだ! やったーーー!」と心の中で一人歓声を上げたくらいなのである。
    (この本に収録されているものと『短歌があるじゃないか。』で収録されている内容が、半分ほど被っていると知ったのは、もう少し後のこと)

    短歌同人・「猫又」メンバーの提出作品を、主催の沢田さんを進行役に、穂村・東の両氏が批評するという体制のこの本。
    相変わらず、よく言えば肩の力が抜けた、悪く言えば脇が空きすぎな短歌たちが、にぎやかにそして時に真剣に評されていく様子がたいへん面白かった。

    たとえばこんな歌。

    君と乗る深夜のタクシー窒息しそう閉じ込められた好き好き好き好き   本下いづみ
    いいでしょう? どれもこれもそれらもね ほんのわたしの あれ なんですわ   平田ぽん
    君の字がやけに綺麗で風鈴の音も忘るる残暑のころに   清野ゆかり

    全体的に、プロの歌のような「完成度」はそこにないものの、伸び伸びとした印象を受け、読んでいるうちに同人それぞれの性格も見えてきて、大変親しみやすい。
    穂村・東両氏の的をついた批評も、歌の「読み」にぐいぐい分け入ってくれて、歌を読む可能性の大きさを感じる。穂村さんがドライ、東さんがウエット、と作風が正反対なことも、批評に良く作用していると思う。進行役の沢田さんのツッコミの上手さも○、です。

  • ひとりの夜を短歌とあそぼう。穂村弘さんと、東直子さんは、大好きな歌人。おふたりの、短歌だけでなく、エッセイや小説にあふれる、「言葉への愛」つまりは人間への愛を、勝手に受け取っています。31音にこめられた想いを、おふたりがいろいろ読み解いていく様はスリリング。日常の皮を一枚一枚はがして最後に残る人間性までも見透かしているかのようです。歌は人なりって感じかなぁ。

  • 歌人が何を考えているのか、少しだけ垣間見ることができた気がする。
    一般的な言葉のルールや暗黙の了解を、絶妙な距離感で破るのがいいのかな。
    ちょっと短歌を詠んでみようかと思った。

  • お題に沿って詠まれた短歌から、東さんとほむほむが選び、沢田さんも交えて寸評したものです。十人十色、いろいろな見方があります。短歌を捻ることで違って見える世界、短歌だからとそう肩肘張らずに、一人の静かな夜に短歌を模索するのも悪くない。

  •  例えば、梅干しの種には毛が生えていることとか。そう言われればそうなのだけど、言われるまで忘れていることを掬いとってくれる短歌にハッとさせられる。このシリーズを読むのは二作目なのだけど、詠み手の個性や特徴が分かるようになってきて、自分のお気に入りの方が見つかるのもまた楽しい。タイトル通りひとりの夜に本作を読むと、心がしんと静まりかえって、温かいのだけど少し寂しくなりそう。でもそれも含めてとっても良かった。

  • ほかの2人(東直子 沢田康彦)に比べて、穂村弘の解説だけが際立っている。短歌そのものは理解できなくても、穂村のふくらみのある解説を聞いてるだけで楽しい。

  • 「私よりあの子かばった今一瞬、黒い塊みぞおちに出来る」
     

    「閉めきった窓に溜った露につくレースのカーテン黒い斑点!」
    沢田:なるほどなあ……ただ、それにしても、《黒い斑点》を見つけ、それを短歌に詠んで、それをわざわざ投稿してくるってことはやっぱりすごいですね(笑)。しかもお題でもなんでもないのに。
    穂村:ええ。「すごい」ですよね。だから、とりました。


    「自慢した帰り道ではうなだれて嘘つきでもある私をせめる」


    「草いきれたなびく髪をひっつかみいただきましたモロコシのカラダ」

  • ねじには悲しみがあるらしい。そして、乱歩が読みたくなる。

全25件中 1 - 10件を表示

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)のその他の作品

穂村弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
穂村 弘
春日 武彦
穂村 弘
穂村 弘
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)に関連する談話室の質問

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする