短歌があるじゃないか。 一億人の短歌入門 (角川ソフィア文庫)

  • 角川学芸出版
3.62
  • (3)
  • (11)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044054069

作品紹介・あらすじ

漫画家、作家、デザイナー、主婦……。主宰・沢田のもとに集まった傑作怪作駄作の短歌群を人気歌人の穂村と東が、愛ある言葉でバッサリ斬る! 読んだその日から短歌が詠みたくなる、笑って泣ける短歌塾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 各お題について、投稿作品を論評する対談形式の短歌入門書。

    表現する際の心構えや目の付け所がとても勉強になる。テクニカルな内容は殆どないのに、「とりあえず短歌作ってみようかな」という気持ちにさせられる。

    やはりほむほむは天才だな、とページを捲るたびに思うのだが、たとえば東さんへ

    「しみこむ」とか、君の言葉の性感帯だよね(笑)

    なんて言ってしまうところが、普通の人は行けないところへ飛んでいる。

    短歌としての優劣だけでなく、詠み手の状況も評価に入れているところも好き。いわゆるドヤ顔で出してきた秀作よりも、水風船が弾けた瞬間に遭遇したような、ピュアな驚きを切り取った拙い作品の方を高く評価するところがとても好きである。

    テクニックを見せびらかす巧者よりも、熱いモノを持っている素人の方が心に響いてくるというのは短歌に限らずよくあることで、それを

    ”詠うべき肝心のざらめなくして綿あめを作っているような感じ”

    と表現できる人は、この世にそうはいないと思うのだ。
    言葉、表現、そして身の回りの物事を再発見させてくれる一冊。

    http://www.horizon-t.net/2013/09/16/%E7%A9%82%E6%9D%91%E5%BC%98%E3%80%8E%E7%9F%AD%E6%AD%8C%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8B%E3%80%82%E3%80%8F/

  • 短歌初心者です。友人の作る短歌を見つけてすきだなあって思うことはあっても、短歌についての解説書なんてよんだことなかった、ですが、楽しみながら、不思議におもいつつも魅力にふれていける、短歌入門書でした。 穂村弘さんと東直子さんが選び、読み解説していく短歌撰。


    シャンパンって辛いときにもいいんだよ きらきらきらって笑う音がする


    休んだ月曜のトマトジュースがきらいここにいない君もきらい


    好きな歌はたくさんたくさん見つかってとっても楽しい。
    <「この感情を表現する言葉がない」とお悩みのかたは本書の題名をごらん下さい> というキャッチコピーにうんうんって 頷けるようになりたいなあと思うのです…

    • vilureefさん
      こんにちは。
      これ、面白そうですね♪
      穂村さんが解説ってのがいいですね。
      きっと何でもあり!??
      表紙もまた良いですね。これは猫です...
      こんにちは。
      これ、面白そうですね♪
      穂村さんが解説ってのがいいですね。
      きっと何でもあり!??
      表紙もまた良いですね。これは猫ですか?
      2013/05/22
    • とうかさん
      こんにちは!
      面白そうというコメントありがとうございます。とっても嬉しいです。
      まだ読みとちゅうですが、ほむらさんは結構おもしろく脱線されま...
      こんにちは!
      面白そうというコメントありがとうございます。とっても嬉しいです。
      まだ読みとちゅうですが、ほむらさんは結構おもしろく脱線されます(笑) ほむらさんの短歌が曳かれたり…
      猫かしら、カバーはずしてみるとオオカミにも見えます。ユーモラスです。
      本屋で衝動買いして、よかった!と思える本だったので、よければぜひぜひ…♪
      2013/05/22
  •  アマチュアを中心とした歌人の短歌に穂村さんと東さんがコメントしていく形式の短歌入門書。敷居の低い入門書と謳っているけど、読めば読むほど短歌は難しいと感じるし、自分には到底詠めそうにないと感じてしまう。でも、人の歌を読むのは本当に面白い。31文字だけで物語が立ち上がってくるのはすごいなぁ。

  • 会報誌6回分を収録。俳句のほうを和歌=短歌より好む……と言ってみるだけのツイッター余白を発見。 127

  • 色んなタイプの短歌を読めて面白い。コメントや批評があるから、初心者にもわかりやすく、どんどん読み進められる。

    初心者の私には、分かりやすい歌がグッと来るけど、もっと知れば複雑だったり意味を理解しきれない歌の良さがわかるのかしら。(天性のものなのか…?)

  • 藁をも掴む短歌指南本。

    シリーズ第3弾らしいが2弾を見逃していた。

    短歌結社『猫又』の有志が綴った渾身の歌を変わらず穂村弘、東直子の変態歌人2人が斬って斬って斬りまくる、という内容。 ←大いに間違っている。

    第1弾のような驚きはないけれど、短歌の本質について鋭く突いているのはこちらの本だと思います。

    ズバッと心に切り込んでくる歌の力に、
    凡人には到底できない、と思い知らされます。

  • 短歌があるじゃないか。

    このタイトルにつきる。歌を詠まない人も、多分詠みたくなる。楽しい世界だな、と思える。常連さんの世界を楽しむのもいい。

  • 穂村弘 東直子 沢田康彦 この3人のキャラがとても面白い。
    短歌から一番遠いところに居るような私ですが、短歌ってなんでもありなんだ!って思わせて、少し近くに短歌を感じた。
    フレームのない脳で歌をつくる・・・・自分でフレームを決めていたような気がする。
    とはいえ、面白かったけどまだ、私には歌が詠めない。

  •  やっぱりプロの短歌のみを読んでいる方が面白いな〜。たまに文章家が寄せた短歌もあるけれど、短歌専門の人じゃないし…。「ふむふむ、そういうことを気にしながら短歌ってよまれるのね…」というところは楽しめたかな。

  • そうです、私にも短歌があるのです。
    あとがきの、

    恋に、道に迷った友に、柿本人麻呂もこう告げたに違いあるまい。
    「短歌があるじゃないか。」

    が面白かった。
    1500年くらい、生き続けている定型に万歳。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年、北海道生まれ。歌人。1990年、歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年、短歌評論集『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、連作『楽しい一日』で第44回短歌研究賞を受賞。2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞を受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。他に、『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

「2018年 『ぼくの短歌ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

短歌があるじゃないか。 一億人の短歌入門 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

穂村弘の作品

短歌があるじゃないか。 一億人の短歌入門 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする