地名でわかるオモシロ日本史 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044057084

作品紹介・あらすじ

「岐阜」と命名した歴史上の人物は誰か?「小坂」が「大坂」になったわけや、「御免」「一色」の意味は?庄や館がつく地名は何を表す?地名には、古代から近代までの人々の生活や信仰、戦い、支配、制度、商業、文化の広がりなど、さまざまな歴史の要素が刻み込まれている。そんな地名に秘められた謎を、由来や分布、歴史地図で読み解くと、目からウロコの意外な事実が明らかに。地名の謎解きで楽しくわかる日本の歴史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「岐阜」と命名した歴史上の人物は誰か?「小坂」が「大坂」になったわけや、「御免」「一色」の意味は?庄や館がつく地名は何を表す?地名には、古代から近代までの人々の生活や信仰、戦い、支配、制度、商業、文化の広がりなど、さまざまな歴史の要素が刻み込まれている。そんな地名に秘められた謎を、由来や分布、歴史地図で読み解くと、目からウロコの意外な事実が明らかに。地名の謎解きで楽しくわかる日本の歴史。

  • 古代の頃から地名があるのには吃驚。北海道も素敵ですね

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

明治学院大学教授。1950年山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。歴史哲学、比較文化的視野を用いた幅広い観点から、日本の思想・文化・歴史の研究に取り組む一方、飽くなき探究心で広範囲な分野にわたる執筆活動を展開している。本書は323冊目の書籍となる。主な著書には『日本人は先祖をどう祀ってきたか』、『猫づくし日本史』、『渡来人とは何者だったか』、『一冊でつかむ日本史』、『日本人も知らない やまと言葉の美しい語源』(以上は河出書房新社)、『誰が天照大神を女神に変えたのか』『「国境」で読み解く世界史の謎』(以上はPHP研究所)、『歴史書「古事記」全訳』(東京堂出版)、『国境の日本史』(文藝春秋)、『日本人なら知っておきたい!所作の「型」』、『戦国武将の謎に迫る!諏訪大社と武田信玄』(以上は青春出版社)など。

「2018年 『日本人なら知っておきたい日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武光誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする