島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044057091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本と中国との国際関係の狭間で、埋没することなく、存在感を出しながら、現代に至る沖縄を優しく説明してくれる地域史的な入門書。

    普天間基地問題、沖縄料理、国内有数の観光地というステレオタイプな私の誤解や知識・教養不足を丁寧に説いてくれる。

    首里城の皇族達が、沖縄料理ではなく、外交儀礼として、日本食を食べていたのは、意外だった。
    また、戦争被害を免れるために秘蔵した大切な歴史遺産が、アメリカ軍に略奪されていたと知り、戦争被害はここまでもあったのかと知った。

    同じ日本でも、地域の違いがある事を改めて感じ、国内でも、まだまだ知らない文化・風習ってあるだろうと改めて思った作品。

  • 琉球のことなんも知らんな。これで、少しはわからないと。
    大雑把ではあるが、琉球王国の全体の流れがわかる。

    次に読むのは、何がいいかな?

  • 琉球・沖縄史に残るトリビア満載の本。
    琉球王国最後の尚泰がたべたごちそうは琉球料理ではなく、和食をたべていた。
    真栄平房敬氏が王家の宝物を戦火から逃れるために隠したがすべてからっぽ。米軍が戦利品として持ち帰ったらしい。金のかんざしとか見てみたい。

  • 2011/07/05:『目からウロコの琉球・沖縄史』の文庫版とのこと。削られている部分も多々ありますが、加筆されている部分もあり新鮮な感じで読めました。

全4件中 1 - 4件を表示

島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

上里隆史の作品

島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史 (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ツイートする