知っておきたい日本の天皇 (角川ソフィア文庫)

著者 :
制作 : 芦澤 泰偉  芦澤 泰偉 
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044057114

作品紹介・あらすじ

今も多くの日本人から敬愛され続ける天皇陛下と皇室。その権威は何に由来しているのだろうか。日本史のなかで天皇が直接政治に関わった時期は驚くほど短い。しかし、各時代の支配層は、天皇が「日本の君主」であることを認め、時に利用してきた。歴史上、天皇が果たしてきた宗教的、政治的、外交的、文化的役割を見直しながら、その存在の特異性や重要性を解き明かす。すべての日本人が知っておくべき、「天皇」の基礎知識。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人にとって天皇とは何だったのかを明らかにする1冊。
    纒向に現れた首長から、その一族が人神々への信仰を介して大王となり、天皇へと繋がっていったとして、神道との関わりを中心にまとめられている。
    古代から現代までを網羅しているから仕方がないのかもしれないが、もう少し深掘りした内容を期待していたので残念だった。
    日本史の復習になった面もあって、それはよかったけれども。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明治学院大学教授。1950年山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。歴史哲学、比較文化的視野を用いた幅広い観点から、日本の思想・文化・歴史の研究に取り組む一方、飽くなき探究心で広範囲な分野にわたる執筆活動を展開している。本書は323冊目の書籍となる。主な著書には『日本人は先祖をどう祀ってきたか』、『猫づくし日本史』、『渡来人とは何者だったか』、『一冊でつかむ日本史』、『日本人も知らない やまと言葉の美しい語源』(以上は河出書房新社)、『誰が天照大神を女神に変えたのか』『「国境」で読み解く世界史の謎』(以上はPHP研究所)、『歴史書「古事記」全訳』(東京堂出版)、『国境の日本史』(文藝春秋)、『日本人なら知っておきたい!所作の「型」』、『戦国武将の謎に迫る!諏訪大社と武田信玄』(以上は青春出版社)など。

「2018年 『日本人なら知っておきたい日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武光誠の作品

ツイートする