こんなにも面白い日本の古典 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.83
  • (5)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044069018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 意訳の偏見がどうにも…。女嫌い?と思ったものの、某元都知事のこと考えたら年齢同じくらいだからと妙に納得。アンドロイドの章には、むしろゾンビだろうと。ちっちゃなことだけど。

  • 古典苦手な人の入口としてはいいかも。

  • 日本の古典をいろいろ読んでみたいと思うようになった。

  • 万葉集―生活のアンソロジー、竹取物語―ガンダーラの秘宝、宇津保物語―王朝アラビアンナイト、大和物語―老人介護地獄、源氏物語―姦通そして老人ホーム、枕草子―虚構の家、池亭記―平安土地白書、栄花物語―王朝ホスピス、今昔物語集―女の魔性、小倉百人一首―和歌は世につれ、撰集抄―アンドロイド閣僚、宇治拾遺物語―知恵者の恋、能―戦いは悪業、奥の細道―覗機関奥之細道、好色一代男―雪江戸廓夜話、懐硯―帰ってきた夫
    浮世風呂―教育ママにゆとりのパパ・・・という内容。
    一見異質な方向からスポットを当てながら語られる文章が、古典を身近なものであることを感じさせてくれる。古典は面白い。

  • 09041

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

医療法人社団 山口内科クリニック 院長

こんなにも面白い日本の古典 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

山口博の作品

ツイートする