世界神話事典 創世神話と英雄伝説 (角川ソフィア文庫)

制作 : 大林 太良  伊藤 清司  吉田 敦彦  松村 一男 
  • 角川学芸出版
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 111
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044069025

作品紹介・あらすじ

ファンタジー、叙事詩、おとぎ話-全ての物語の原点は神話にある。神話の世界をひもとけば、民族や文化のルーツ、そして人間の心の深層までもが見えてくる。人類や死の起源、英雄伝説、洪水神話など、世界に共通する13の主要テーマを選定し、分野別、項目別に紹介。各地の特性をくわしく解説しながら、地球上に誕生した民族、種族の歴史とその本性に深く迫る。世界的視野で各地の神話を収録した「神話事典」の最高峰。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルの通り。各神話内容を簡潔に触れているのみなので、詳細に関してはそれぞれの専門書を読むのが良いかも。でも、入門として様々な神話に触れること、ちょっとした記述を確認するのみならかなり有用な事典。巻末に索引もあるのでありがたい。

  • 洋の東西、文化深度の違いを問わず、世界各地の神話・説話を収集分類した本。

    世界・人間の起源、火・死の起源、洪水説話、英雄や女性の物語、宇宙(太陽・月・天体)の認識などが詳細に語られる。

    ただ、各地に共通するモチーフの裏にどんな人間普遍の認識があるのか、という興味で読み始めた割には、基本的には「人間の伝播とともに広がったので、そりゃ根っ子は一緒」と大著の中の数ページでまとめられちゃっている辺りは拍子抜けだった。

    ギリシア神話にあらわれるアマゾンなどの過激な女性像は、(神話の語り部たる)男性から見た、計り知れぬ女性への畏怖の裏返しであろうなどの指摘は面白かった。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=334761

  • 世界に散らばる神話内容をそれぞれ分類毎に纏めている。

    ・人類の起源
    ・洪水神話
    ・死の起源
    ・火の起源
    ・作物の起源
    ・女性
    ・トリックスター・文化英雄
    ・英雄
    ・王権の起源
    ・異郷訪問
    ・異類婚
    ・天体

    「世界神話事典 世界の神々の誕生」と合わせて読むとなお良し。

  • 物語として読む、のではなく資料・史料として使用するのがよろしいかと。

  • 他文化がこれだけ入ってしまうと難しいんだろうけど(本文でも触れている)系統立てていければ人や文化の流れがわかるんだろうかな。面白い話が多い。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

世界神話事典 創世神話と英雄伝説 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×