十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.30
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044072254

作品紹介・あらすじ

歴代18種類の史書から編まれた『十八史略』。本書では、伝説の聖人の時代に始まり、春秋戦国を経て中国統一へと向かう時代に焦点をあてる。美女妲己とともに暴虐を尽くした毀の紂王、才知で函谷関を突破し「鶏鳴狗盗」の故事を生んだ孟嘗君、秦の始皇帝の出生からその死。小説やビジネス書の題材としても読み継がれてきた古典の名著からは、ドラマチックな人間模様が見えてくる。紀元前の中国史がわかった気になる入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黄帝から始皇帝までの歴史の概略。

  • 逗子図書館にあり

    ちょっと、わかりにくかったけど…

    たぶん、3回ぐらい読んだら、理解できるんだろーな。

    中国でも星を読んでいたことは、発見だった。

    72 竜。最高の霊獣

    中国
    鹿のような頭に五本の爪を持つ
    手足をつけた蛇

    西洋
    羽根のある恐竜

    73 登竜門の由来

    130 地上の人の動きと天上の星の動きとが相互に関係づけられていることを『天人相関』という。

  • 十八史略の入門と銘打ちながら、本書の紹介する範囲は秦の始皇帝まで、つまり史記に記された時代の中に収まってしまっています。十八史略自体は伝統的にも評価の低い書物ということでしたが、その理由も本書で解説されている内容から窺い知れます。つまり、史実、神話、後世に確立された伝説、諸子百家が説いたたとえ話や寓話の類がごた混ぜになっているようです。

  • 秦の崩壊までしかありません。続きはほかの本でどうぞ。それから、現代仮名遣いです。

全4件中 1 - 4件を表示

十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)のその他の作品

竹内弘行の作品

十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)に関連するまとめ

ツイートする