魂の旅 地球交響曲第三番 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
4.14
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044074012

作品紹介・あらすじ

『第三番』撮影開始直前、出演予定者・星野道夫の訃報が届く。見えない彼を撮る決意をした著者は、ワタリガラス神話を追う旅先で星野の運命的友人達に出会う。大いなる命の繋がりに導かれた魂の旅路を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「最後に意味をもつのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。」
    星野道夫の過ごした時間は、多くの人の中に意味を持って残っているのですね。

  • 映画『地球交響曲第三番』の書籍化作品。
    この映画にはアラスカで熊に襲われて亡くなった写真家、星野道夫氏が出演する予定だった。本来であれば、作品の軸となる星野氏がいなければ成立しないはずなのだが、次々と起こる偶然の一致(シンクロ二シティ)によって作品は完成される。

    星野道夫、ナイノア・トンプソン、ジョージ・ダイソン、ボブ・サムなど、世界の各地で同時多発的に、現代の便利さを拒み、古の神話や技法を身につけてゆく様は、シンクロ二シティという言葉では片付けられない、何か大きなメッセージのように感じられた。

    肉体を離れて永遠に「旅をする木」となった星野氏。アイヌの言葉では、人に危害を加える熊の神をウェンカムイと呼ぶそうだが、星野氏が最後に出会った熊は、山を司る神キンカムイだったのだと思う。

  • 星野道夫を第3番の映画に撮る予定が氏の急逝により撮影できなくなって、
    全く違った作品に仕上がったいきさつや想いを書く。

  • 澄み切った氷雪の上の白熊たちは、星野道夫さんの撮ったもの。

    映画『地球交響曲第三番』の「ワタリガラスの神話」を求める旅について。
    様々なシンクロニシティ(偶然の一致)は、監督によると、偶然ではなくて必然なのだそうだ。

    我々は先祖の見たもの、感じたことについて、自覚しないけれど、確かに記憶を持っている。

    「結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間」(星野さんのエッセイ)
    というのは、私が今までに読んだ文章に共通するものがある予感。

    「使いみちのない風景は、使いみちはなくても人生の中で必要な風景」(村上春樹)
    「ろうそくの火が燃え移るように、魂は人の身体を変えて転成してゆく。アラヤシキにそれぞれの前世の記憶が蓄えられる」(三島由紀夫)

    見えるものを撮ることで「見えないもの」を撮ろうとする龍村監督のスピリチュアリティ。
    見えるものも真実。見えないものもまた真実。

    最新作の第六番を上映していた恵比寿の東京都写真美術館で購入。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

映画監督。1940年生。京都大学文学部卒業後、NHK入社。同社退職後、ドキュメンタリーなど多くの作品を手がけ、92年、映画『地球交響曲』で絶賛を博す。以来「第一」~「第五」番の自主上映会が全国で続いており、2007年春には『地球交響曲 第六番』が全国各地で公開予定。

「2007年 『魂の旅 地球交響曲第三番』 で使われていた紹介文から引用しています。」

龍村仁の作品

ツイートする
×