夢のもつれ (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.67
  • (4)
  • (8)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044075019

作品紹介・あらすじ

「わたし」がフルサイズで存在したためしがいちどでもあったろうか。行為の身体的プロセスを忘却し、自己意識からはずすことで成り立つ日常。そのなかの存在の揺らめきを映像・音楽・モード・身体・顔・テクスチュアなど、表面にあらわれるさまざまな事象に現象学的にアプローチし、身近な視角からやさしく解き明かす哲学エッセイ。臨床哲学につながる感覚論をベースとした、鷲田哲学の根幹をなすアフォリズムにあふれる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夢のもつれ

  • なんか読みにくい…。

    第四章は面白かった。

  • 教科書の文章で感銘を受け
    某T大の過去問でも出会い
    私を阪大志望へと迷わせた
    鷲田清一の、
    私が最初に買った本!

    哲学好きのきっかけになったかな

  • Now reading♪

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1949年 京都府生まれ.
[現職]大阪大学文学部教授.[専門]哲学,倫理学.
『モードの迷宮』ちくま学芸文庫,1996.『じぶん・この不思議な存在』講談社現代新書,1996.『ちぐはぐな身体』ちくまプリマーブックス,1995.『人称と行為』昭和堂,1995.『見られることの権利』メタローグ,1995.『だれのための仕事』岩波書店,1996.

「1997年 『原理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷲田清一の作品

夢のもつれ (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×