大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)

著者 : 鷲田清一
  • 角川学芸出版 (2012年11月22日発売)
3.75
  • (5)
  • (16)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :173
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044075033

作品紹介

ひとは他者とのインターディペンデンス(相互依存)でなりたっている。「わたし」の生も死も、在ることの理由も、そのつながりのなかにある。核家族化で社会に包摂される「家族」、コミュニケーションの非在と「わたしたち」の居場所。確かなことは何もわからない、価値の遠近法が崩れた現代社会のなかで、日常の隙間に生じる違和感を育て、答えの見えない「問い」と向き合いつづける。語りきれず、噛みきれない想いを紡ぐ、珠玉の哲学エッセイ。

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 哲学書。自分とは何か、死とは何か、今の教育とは、言葉とは、など、じっくり物事を考え直す機会を与えてくれる本。水筒の話が好きだった。

  • 生きていく上で、ともすれば忘れがちになる大切なことを、珠玉の言葉で教えてもらえる。

  • 大事なものが見えて来た♪

  • 『噛み切れない想い』と全く同書。

  • 鷲田清一の単独著書を読むのは本書が初めて。
    臨床哲学を標榜するだけあって、日常にマッチした柔らかな語り口で鋭い視点を投げかけてくれる。

  • 短い文章で完結に、伝えてくださっています。分かったつもりの間は何もわかっていないのだと。これかも心に残したい言葉がたくさんありました。

  • 【再読】 
     色々な見えないものを”再”確認出来たような気がする。
    見えないが大切なものがあると分かっただけでも・・・
    成熟とは齢とは関係ない・・・
     
    著者が鷲田 清一(きよかず)・・・
    前に読み終えたのが 水口 清一・・・
     日本柔道連盟の会長 (上村 春樹氏)ほどではなかったが・・・

    内容については、かなり面白いと思った。

  • 鷲田先生の哲学書は面白いです。初心者の私でもすんなり入り込める。
    たこ八郎さんのお墓には、このような言葉が刻まれているそうです。
    「めいわくかけて ありがとう」
    鷲田先生は問います。どうして、「ごめん」でなはく「ありがとう」なのかと。
    そして提起します。
    ここで「ありがとう」が意味するものが、『ケア論のコア』につながるのではないかと。
    ――― 深いですね。

  • 鷲田清一さんの最新刊。『噛みきれない思い』の文庫版です。
    本書を読んで思ったけど、やっぱり、自分はこのひとが考えているようなことを考えるのが好きなんやなあと。
    やさしくて、深くて、思考を促される。いつの間にか「うん、そうやんな」って頷いてしまうような、そんな感覚。
    むずかしい部分もあるけど、鷲田さんの著作のなかではいちばん好きかな。やっぱり、鷲田さんはエッセイやなあ。
    文庫版のあとがきで書かれている、エッセイ『むこうも降っとる』はほんまに書かれるんやろうか…?ひそかに楽しみにしておこう。

  • 「実績をあげてから、モノを言え」
    職場の上司に、こう言われたことがあります。

    それ以上、何かを話したい気持ちになれず。
    上司の話を、適度に聞いて流してしまいました。

    実績って、何だろう?
    売り上げ?
    企画立案の数?
    たしかに、数字で示せる実績は、大事。

    でも、
    正直なところ、私は、「実績をあげる」という目標に、あまり気持ちが燃えない。
    どこか、冷めて見ています。
    そういう姿勢を見透かされているから、「実績あげてから、モノを言え」と、言われてしまうのかなぁ…。

    私の話は、愚痴や文句のように受け取られたのかな? と思い、
    少し、凹みました。

    最近、読んでいる鷲田清一さんの著書「大事なものは見えにくい」の中に、
    次のようなことが書かれてありました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    何をするわけではないが、
    じっとそばにいるということがもつ力を評価することを
    私たちの社会は忘れている。

    例えば、昨今、いろいろな機関で義務付けられている「評価制度」。

    そこでは、どんな計画を立て、それがどれほど達成されたかばかりが問われ、
    どれだけじっと待ったとか、
    どれだけじっくり見守ったかなどということは
    評価の対象にはならない。

    評価されるのはアクティブなこと、
    つまり、何をしたかという行動実績ばかり。

    パッシブなこと、
    あえて何もしないで、ひたすら待つという受動的なふるまいに注目されることは
    およそない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    営利企業であれば、売り上げをあげなければ継続が難しいし、
    社員が何もしないでは成り立たないと思います。

    でも、アクティブなことばかりを評価していると、
    上面だけのぎすぎすした組織になりそうです。

    それは、結局、めぐりめぐって、組織の発展にはならないと思うんだけど…。
    私が言っても、説得力ないかな。

    そもそも、人と人を比べて評価する(される)方法が好きではないので、
    会社という組織は、ちょっと窮屈なのかもしれません。

全14件中 1 - 10件を表示

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)のその他の作品

鷲田清一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)はこんな本です

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする