豪快茶人伝 (角川文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.76
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044078010

作品紹介・あらすじ

信長、秀吉、利休、宗二、織部、遠州――。戦国時代以降、茶の湯は多くの権力者や文化人たちを虜にしてきた。おのおのの美学の発露であった茶の湯を通して、個性豊かな茶人たちの素顔と心情に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 25編の短編集。中では小堀遠州の章が好きです。遠州を描いた話ってなかなかありませんので、それだけで貴重ですが、なんだか読了後の温かな余韻が何とも言えず。茶人好きにはきっとたまらない本ですね。

  • 戦国から明治の茶人列伝。
    読みやすくて、茶人の生涯がわかりやすいです。

  • 秀吉の成金趣味と、それに対する反発が桃山文化を創った。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『左近(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

火坂雅志の作品

ツイートする
×