坐禅ひとすじ 永平寺の礎をつくった禅僧たち (角川文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044079017

作品紹介・あらすじ

坐禅の姿は、さとりの姿である。道元、懐奘(えじょう)、義介――。永平寺の禅が確立するまでの歴史をわかりやすく綴りながら、師弟間で交わされる問答を通して、受け継がれてきた道元禅の真髄を描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 曹洞宗の開祖道元禅師から太祖螢山禅師までの草創期を、三祖徹通義介禅師を中心に描いた一冊。
    義介禅師に道元禅師が伝えたかった老婆心が欠けていたことが宗門の対立を生んだのが控えめに記されていますが、それによって土台が築かれたことを忘れるわけにはいきません。

  • 永平寺に観光に行く予定なので読みました。
    平易で読みやすく、永平寺がどういう成り立ちのお寺で、曹洞宗とはどんな教えなのかをとりあえず簡単に知りたかった私にはちょうどよかったです。
    ただ、本格的に興味のある方、非信者が客観的に見た永平寺や道元を知りたい方には不向きでしょう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1957年、長野県伊那市生まれ。大本山永平寺にて修行。駒澤大学教授、曹洞宗常圓寺住職。著書に『坐禅ひとすじ』(角川ソフィア文庫)、『禅のすすめ 道元のことば』『ZEN 道元の生き方‐「正法眼蔵随聞記」から 』(以上、日本放送出版協会)ほか。

「2018年 『禅のすすめ 道元のことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坐禅ひとすじ 永平寺の礎をつくった禅僧たち (角川文庫)のその他の作品

角田泰隆の作品

ツイートする