能の見方 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044080044

作品紹介・あらすじ

「翁」「井筒」「道成寺」など、代表的な能の名作25曲を通して、能の見方、鑑賞のポイント、舞台の魅力に迫る。世阿弥の時代から現代に届けられるメッセージを読み解く、能がもっと楽しくなる鑑賞入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者が20代から40代にかけて、さまざまな雑誌などに発表した論文・エッセイをまとめた本です。

    第一部「歴史―能のあゆみ」に収められているのは、能の形成過程にかんする著者の論文で、猿楽や唱導劇など中世芸能にかんする研究を踏まえつつ、観阿弥・世阿弥の二代にかけて大成された能のルーツを明らかにしています。

    第二部「作品―能のこころ」は、おそらく本書のメインとなる部分で、「翁」をはじめ25曲の作品についての解説がなされています。ただし、かならずしもそれぞれの作品のメイン・テーマをとりあげているわけではなく、著者の関心にもとづいて作品中のいくつかのモティーフがえらび出され、それについての考証がなされています。

    「能の見方」というタイトルから、入門書のような内容を予想していたのですが、著者自身の研究・批評を展開している文章が多かったように思います。第一部の歴史にかんする議論は興味深く読みましたが、第二部以降はわたくしの知識が十分でないために未消化なところも多くのこっています。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

千葉工業大学日本文化再生研究センター主席研究員・東京大学名誉教授。日本中世演劇。
『宴の身体──バサラから世阿弥へ』(岩波現代文庫、2004年)、『中世芸能講義──「勧進」「天皇」「連歌」「禅」』(講談社学術文庫、2015年

「2021年 『ZEAMI──中世の芸術と文化05』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡心平の作品

ツイートする
×