千利休の「わび」とはなにか (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
4.00
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044080099

作品紹介・あらすじ

利休の師は辻玄哉であり、通説で師とされる武野紹鴎はわび茶を行っていなかった。『南方録』起源の虚構を排し、利休自らによるわび茶大成の新事実を提唱。茶の湯文化史を大きく塗り替えた衝撃の書の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 利休は珠光の茶を重んじていた。
    間に入る紹鴎は、侘びの珠光や利休とは違い、道具本位の茶をしていた。

    珠光から紹鴎へ、そして利休へと一直線に侘茶が伝承発展されたわけではない、ということを強く語る。

    利休はもともと道具を持たぬ侘茶から始まり、若き頃から珠光の茶を追っていた。
    出世とともに唐物道具も触れていったが、自身は唐物などには終生重きを置かなかったと。

    もう15年も前の本か、、、もっと早くに読みたかった。
    昔の研究が進んでない時の歴史観に縛られてる自分を反省


  • 大きく利休感を変えられる一冊。
    でも、なんだかんたと言ったところで利休は利休。

  • 千利休の本来の茶は侘数寄であり茶器などの道具ではなくお茶を立てる人に価値を戻した物が本来であり利休が一番茶会でしたお手前は運び手前である。なるほど。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。ドイツ、マンハイム大学に2年間留学。帝塚山大学大学院修了。博士(学術)。短大・大学教員を経て、著述業。著書に『千利休の「わび」とはなにか』(角川ソフィア文庫)、『茶の湯と日本文化』(淡交社)、共編著に『茶書古典集成 第1巻 初期の和漢茶書』(淡交社)などがある。

「2021年 『茶の湯の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神津朝夫の作品

ツイートする
×