新版 好色五人女 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

  • KADOKAWA
3.33
  • (0)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044082017

作品紹介・あらすじ

愛しい清十郎との駆け落ちもつかの間、捕らわれ引き離されたお夏。幸せな夫婦生活から一転、ふとしたきっかけで自ら命を絶ったおせん。手代茂右衛門との不義の果て、揃って潔い最期を遂げたおさん。恋しい吉三郎会いたさに放火の罪で火あぶりとなったお七。振り向いてくれない男のために男装してまで追いかけたおまん。運命に翻弄されても最期は自分の意思で生きた潔い女たち。涙あり、笑いあり、美少年ありの西鶴傑作短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有名な八百屋のお七のお話の「恋草からげし八百屋物語」は恋焦がれた男女の悲しいお話し。昔は両思いであっても辛い時代であったのだなあ。
    手紙のやり取りを江戸時代の頃でもあったのですね。

  • 八百屋お七の話が読みたくて購入。
    ツッコミどころが多く、面白く読めた。
    あらすじと現代語訳があるので、内容を掴みやすい。

  • 現代語訳→原文の順で、内容を把握してから読み進められるので読みやすい。
    内容がハチャメチャなのに突飛すぎないのが不思議だ。

  • 原文と現代語訳の二本立て。

    色恋の滑稽さを、悲喜こもごも描いている。

    現代語訳はさらにあらすじまでついているので
    かなり読みやすい。

    注意点としては
    原文とは言っても読みやすく改訂されているので
    その言葉通りの原文ままではない。
    洒落や二重の意味を掛けた言葉遊びなど
    井原西鶴は言葉の美しさが際立っているらしいが
    この本で本来の姿を味わうことは出来ない。

  • 卒論なに書こうかなーと思って読みました。
    とりあえず女性をやりたいので、関係のありそうなこの本を読みて、やりたいこととは違いましたが読みやすかったです。

    文字通り、五人の女性の賑やかしい恋の話でした(^ ^;)

  • 訳・校注の谷脇理史氏の影響が多分にあるとは思うが、五人の女の話は、最後の若衆のふりをする女・おまんの話以外、かなり悲惨であるにも関わらず、どの話もこっけいで、思わずつっこみを入れずにはいられない。

    梗概、現代語訳、校注付きの原文、そして西鶴と『好色五人女』についての解説など、文庫でありながらとても充実した内容である。

  • 大学の課題の参考に。

  • お七の話しが読みたくて。昔も今も人の心は変わらないなぁ。

  • 新訳がとても読みやすく、楽しむことができました。江戸時代当時の恋愛感が知ることができて、とても興味深かったです。ただ、各事件の真相が想像力で補われている感じなのが残念。

全10件中 1 - 10件を表示

新版 好色五人女 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)のその他の作品

井原西鶴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

新版 好色五人女 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)はこんな本です

新版 好色五人女 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする