伊勢神宮の衣食住 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044083014

作品紹介・あらすじ

全国10万の神社の総氏神、伊勢神宮。ここでは1300年の長きにわたって1年に千数百もの神事・祭儀が行われてきた。毎日朝夕毎に神饌が奉られ、特別に調製された御飯・御塩や乾鰹などが供される。今も和妙(絹)・荒妙(麻)が奉織され、20年に1度の式年遷宮では、社殿その他が新造され、神宝(調度品)などもすべて新しく調進される。これら衣食住にまつわる神宮の知られざる営みと信仰を、もと神宮禰宜の著者が描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天照大神を祭る伊勢神宮で、一体どんなことが行われているのか?
    そんな好奇心が満たせればと手に取ってみましたが、軽い気持ちで読み解けるような内容ではありませんでした。でも、伝統を継承して行くことがどれだけ偉大なことなのか。それはとてもよく分かりました。
    今まで残すことができた伝統が途絶えてしまうことなくこれからも続いて行くことを願わずにいられません。

  • 伊勢神宮の神職である筆者が、内々の立場でしか書けない事を入れつつ、伊勢神宮の祭祀を衣食住という生活に身近な部分にスポットをあててまとめています。先人からの継承と現代の変化を踏まえ、守るべき神宮のあり方を問われているように思います。

  • 白洲正子と前後して読んで面白かった。女性にとっての神宮ってどうとらえるんだろう。

  • ほんと言うと、隠されているあれこれが知りたいと手に取った。
    でももっと率直に、伝統は継承されなければなくなってしまうという現実が見えた。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1938年三重県生まれ。神宮皇学館神道研
習科,国学院大学文学部日本史学科卒業。伊
勢神宮に奉職。著書に『鮫―ものと人間の文
化史35』(法政大学出版局),『鮫の世界』
(新潮社・講談社版『全集・日本動物誌24』
に収録),『魚の民俗』(雄山閣出版),『ぼく
は小さなサメ博士』(講談社)など。

伊勢神宮の衣食住 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

矢野憲一の作品

ツイートする