新訂 妖怪談義 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.41
  • (1)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044083090

作品紹介・あらすじ

妖怪とは何か。河童・天狗の論考、妖怪の名前を集めた"妖怪名彙"-。日本各地を歩き見聞した怪異伝承を編纂し、妖怪という文化現象から日本人の心を明らかにしようとした妖怪研究の集大成。引用文の出典とされる資料にもあたり、詳細な注と解説を付す決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・「山男の家庭」に『天狗の陰間』についての記述有

  • 読み終わってからなぜかウルトラマン観たくなったし、読み終わってから最大限の妄想力をもってダイアログ・イン・ザ・ダークに行きたいと思った。たぶんこの本の楽しみ方を間違えてる。

  • 各所に発表された小論文集。
    小説で言う短編集のようなもので一貫したテーマがあるわけでもなく、『桃太郎の誕生』や『日本の祭』のようや読みごたえ、キレはない。
    明らかに井上円了を意識して書かれており、その頼もしさは感じた。

  • 天声人語

  • 妖怪、すなわちお化けの話。人を恨んで出る幽霊と違って、お化けは人を驚かせることが目的らしい。夜が本当に暗かった時代の夕暮れの心細さ。大きなくぼ地を、だいだらぼっちの尻もちの跡だと説明した人びとの想像力。日本人が自然に対して持っていた、畏れと愛着を垣間見ることができる。和紙のような装丁は大竹尚貴+鈴木久美さん。

  • たぶんこれは、日本における「妖怪」に関する知の、黎明を告げる書物なのだろう。もちろん『雨月物語』など怪異譚はあったが、民俗現象として本書は「妖怪」を対象化し、各地のヴァージョンをまとめていくことにより、具体的な妖怪のイメージを提示した。そこから泉鏡花も、水木しげるもやってきたのに違いない。
    柳田国男の論理形式は相変わらず、首をかしげざるを得ないような飛躍を含んでいるが、全国各地の地誌を収集して「民俗学」という知のカテゴリへと上昇させた業績は大きい。

  • 基本的に柳田さんは妖怪の実在に関しては否定派なのね。
    解説で言われてるように、かなりざっくりとした解釈でまとめられてるところもあるし、読者に対して不親切なところもある。それでも、ある程度のまとまりを意識して編集されてるから読みやすくはないし、わかりやすくもないけど、読めない、ってことはなかった。
    タイトルから想像されるようなエンタメ性バラエティ性は皆無なので注意。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

1875年兵庫県生まれ。農商務省勤務、貴族院書記官長を経て、1930年代以降は民俗学の著作に専念し、研究会や雑誌を主宰した。おもな著書に、『遠野物語』『木綿以前の事』『海上の道』など。1962年没。

新訂 妖怪談義 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

柳田国男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
三浦 しをん
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

新訂 妖怪談義 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする