先祖の話 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.67
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044083151

作品紹介・あらすじ

人は死ねば子孫の供養や祀りをうけて祖霊へと昇華し、山々から家の繁栄を見守り、盆や正月にのみ交流する――膨大な民俗伝承の研究をもとに、日本人の霊魂観や死生観を見いだす。戦下で書かれた晩年の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 17/09/03

  •  信仰はただ個人の感得するものでは無くて、寧ろ多数の協働の事實だつたといふことを、今度の戰ほど通説に説明したことは曾て無かった。
     但しこの尊い愛國者たちの行動を解説するには、時期がまだ餘りにも早過ぎる。其上に常の年の普通の出来事と、竝べて考へて見るのは惜しいとさへ私には感じられる。(64 死の親しさ)

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1875年兵庫県生まれ。農商務省勤務、貴族院書記官長を経て、1930年代以降は民俗学の著作に専念し、研究会や雑誌を主宰した。おもな著書に、『遠野物語』『木綿以前の事』『海上の道』など。1962年没。

先祖の話 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

柳田国男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

先祖の話 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする