和菓子 WAGASHI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)

著者 : 藪光生
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2015年1月24日発売)
3.74
  • (3)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 123人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044083250

和菓子 WAGASHI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四季折々の上生菓子をはじめ、さまざまな和菓子の写真に眼福。
    正直和菓子って何でどう作ってるんだろ?と思ってたから、製法・和菓子の歴史などなど勉強になりました。日本人として(笑)
    その辺の説明部分は、写真目当てに買うと目が滑るかな…でも写真集みたいなノリで買っても全然いいと思う!
    和菓子はシンプルだけど手が込んでて、だからこそ職人の個性によって全然違うものになるんですね。

  • 兎に角写真がいい。思わず食べたくなるような。和菓子が美味しさだけではなく、見た目を楽しむものだということがよくわかる。また、今まで知らなかった和菓子の成り立ちなどわかったのがよかった。

  • 季節ごとの和菓子の写真が載ってて職人さんの技が光る和菓子ってのはアートだね+.(´∀`*).+。
    写真を見てるだけでも満足。
    写真集のような本。
    この本を読んで当たり前の事だけど、
    和菓子にも歴史があるんだなって事に気付いた。
    何気にみる和菓子にも
    歴史あり職人さんの技や拘りがあるってことと
    和菓子って日本人の心に
    寄り添ってるんだなってのを改めて認識。
    四季折々のお菓子があり目で見て食べて味わって…
    お菓子一つでその季節を感じるって日本人ならではだと思う。

  • コンパクトで美しい日本学シリーズ「ジャパノロジー・コレクション」が創刊。
    美しく品のある和菓子が1頁にひとつずつ、名前(英訳付)、つくりや由来などかんたんな解説が添えられている。春夏秋冬の上生、和菓子屋さんにふだん並んでいる団子や大福、おまんじゅうの類い、それに日持ちする干菓子、羊羹、最中、打菓子などまで網羅。
    ながめるだけでしあわせ。
    それに加えて、和菓子の歴史、用語、材料、技、菓銘などのエッセンスをまとめた文章が章ごとにはさまっていて気の向くままに読んで学べる。

  • 和菓子大好き。美味しそう。食べたい。

  • GOEN 枚方で出会った 目に美味しい和菓子の本。

  • 展示期間終了後の配架場所は、2階留学生支援図書コーナー 請求記号 081//J24//2

  • そりゃあもう、和菓子好きにはたまらん一冊です。贅沢なオールカラー。

  • 和菓子の種類から製造工程の化学変化(ほんと、文字通りの!)まで。ちょっとした知識以上。勉強になった。

  • B588.36-ヤブ 300423795

全11件中 1 - 10件を表示

和菓子 WAGASHI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)のその他の作品

藪光生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
恩田 陸
三浦 しをん
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

和菓子 WAGASHI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)に関連する談話室の質問

和菓子 WAGASHI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)はこんな本です

和菓子 WAGASHI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする