千代紙 CHIYOGAMI ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044083274

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 展示期間終了後の配架場所は、2階留学生支援図書コーナー 請求記号 081//J24//4

  • 折り紙の印象が強い千代紙ですが、図柄だけを取り出してみると色遣いや意匠が立派なアート。眺めていて飽きませんね。ただ解説があっさりしすぎ。もう少し掘り下げてほしかったかな。中には、これは広告か? というような文章も見られたり。
    千代紙には江戸千代紙と京千代紙があるようで、この本は前者ですので、後者も知りたいという方には向かないかも。

  • 江戸の文化遺産と称される千代紙。
    私は浅草にお気に入りの一軒があります。
    いつもそこでは長居。
    あまりの可愛さについつい見入ってしまうから。
    お店が忙しい時は無理ですが、少しの時間でも
    空くと、千代紙に見惚れているアホ面の私に
    最適なアドバイスを下さいます。
    そのおかげで千代紙の新しい可能性を沢山
    知ることができて感謝しています。

    この美しく精魂込めて作られた伝統的な千代紙。
    本書の綺麗なカラーページをめくるのは本当に
    刺激的でした。大好きな柄は「小桜」。
    次回、千代紙を見に行く日が楽しみです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

小林 一夫:1947年生まれ。武蔵野音楽学院元学長・樫本滋郎氏にレッスンを受ける。ヤマハ音楽振興会で自動演奏ピアノや楽曲の編集・採譜、音楽出版社の採譜、解説文、講座を担当。ショコット・ボイストレーニングスクール元講師。現在は執筆を中心に活動中。著書に『CD付 いちばんやさしい楽譜の読み方』(池田書店)、『やさしくたのしく楽譜の読み方』(日東書院)など。

「2017年 『マンガでわかる楽譜入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林一夫の作品

ツイートする