道元入門 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.89
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044089061

作品紹介・あらすじ

13歳で出家、24歳で中国に留学。「只管打坐(しかんたざ=ただひたすら坐禅すること)」に悟りを得て帰国し、正しい仏法を追い求め永平寺を開山。激動の鎌倉時代に禅を実践した日本思想史の巨人に迫る!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先に読んだ「坐禅ひとすじ」では平明な文章でしたが、曹洞宗の開祖・道元禅師についてはなるべく簡潔を心がけながらも高尚な説明となった一冊となったのは、これも道元禅師の教えをなるべく精確に伝えようとする思いの発露と思います。
    これを読んだからには、「正法眼蔵」や「随聞記」に至らないわけにはいきません。

  • 第1章:道元の生涯を描く。
    第2章:道元の思想の一端を紹介。
    第3章:現代の社会と道元の思想との関わりについて。

  • P118
    坐禅をするのは、仏の修行された道
    だからするのである。
    仏道修行というのは、仏のまねをすることである。
    自分のかなう程度まねをすることである。
    (沢木興道)

    P118
    功徳を求めて仏祖は坐禅をしたのではない。
    その効用を知っても、それを目的としてはいけない。

    坐禅においては、いかなる人間的欲求も、
    まず断ち切る必要がある。
    健康になりたい、病気を治したい、
    度胸をつけたい、何か特別の心境になりたい、
    他人より偉くなりたい、特別な能力を身につけて
    他人の関心をよびたい等など、
    人間的な欲求や希望は仏道を異質なものに
    してしまう。

    仏法は他に認められるために
    行ずるのではないが、とはいえ
    自分のためにするのかというと
    そうでもない。
    仏法は自他を超えるのである。
    道元はいう
    「ただ仏法のために仏法を修するのだ」

    P123
    人間世界には肩書がある。
    しかし、仏法の世界には肩書がない。
    いや人間世界の肩書は、
    仏法の世界は役に立たないのである。
    (本来無一物)

    世俗の中に、仏教的なあり方を
    実現すべく努力するのが、仏教者の使命である。

    P127
    あらゆる存在は、それぞれに異なった
    様相を表しながらすべて等価値である。
    人間が人間であることを
    あるがままに示す行、
    坐禅とはそのようなものである。
    そこに、所有や対立や競争を持ち込んでは
    ならないのである。
    欲求や思惑や目的を持ち込んでは
    いけないのである。

    立場や地位や名誉や財産等は
    俗世間でのこと、
    坐禅はただ坐禅である。
    そこに確実な自己の坐りがある。

    P176
    修行ということのもともとの意味は
    「反復すること」「繰り返すこと」である。
    同じことを繰り返すのである。
    毎日毎日、同じことを繰り返して生きる。
    これが修行であり、人生である。
    食べる、排泄する、働く、寝る、その繰り返しである。

    生命の営みは、食べて、活動して、排泄して、寝る、
    それぞれの中に喜びを感じ、それに飽きることが
    ないようにできている。
    その繰り返しこそ、実は安楽なのである。
    そのことに気づいて、そのような生活に感謝しながら、
    それぞれのことを真剣に行うのが、まさに仏道である。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

駒澤大学教授・曹洞宗常圓寺住職。1957年、長野県伊那市生まれ。大本山永平寺にて修行。駒澤大学仏教学部禅学科卒業。1986年、駒澤大学大学院博士後期課程満期退学。曹洞宗宗学研究所、駒澤短期大学講師を経て駒澤大学教授。博士(文学)。主な著書に『坐禅ひとすじ』(角川ソフィア文庫)、『禅のすすめ 道元のことば』『ZEN 道元の生き方―「正法眼蔵随聞記」から 』(以上、小社刊)、『道元入門』(大蔵出版、現在は角川ソフィア文庫)、『道元禅師の思想的研究』(春秋社)など。2019年に決定版といえる『本山版 訂補 正法眼蔵』(発行・大本山永平寺/発売・大法輪閣)を、編者・校註者として上梓した。

「2021年 『NHK宗教の時間 道元『正法眼蔵』をよむ (上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角田泰隆の作品

ツイートする
×