ブッダが考えたこと 仏教のはじまりを読む (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.75
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044089177

作品紹介・あらすじ

この世に生きる私たちが、苦しみから逃れられないのはなぜか。苦しみはどこから生じ、これを断つにはどうすればよいのか。
ブッダが得た「悟り」の本質をインド哲学の内側から捉えなおすとき、徹底して人間的に思考するがゆえに人間を超越してしまう、孤独な天才の姿が浮かび上がる。
真の悟りは知性を求め、知性は孤立を恐れぬ勇気を求める――。従来の仏教学が見落としてきたブッダの哲学的独創性へと分け入っていく、刺激的論考!

(本書は、『ブッダが考えたこと これが最初の仏教だ』を改題し文庫化したものです)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。東京大学文学部卒。博士(文学)。インド哲学専攻。現在、國學院大学文学部(哲学科)教授。『仏教かく始まりき』『ブッダが考えたこと』『仏教誕生』『日本奇僧伝』など多数の著作がある。

「2017年 『わかる仏教史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮元啓一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
森田 真生
ジャレド・ダイア...
ワールポラ・ラー...
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×