無限を読みとく数学入門 世界と「私」をつなぐ数の物語 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.45
  • (5)
  • (10)
  • (12)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 141
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044091026

作品紹介・あらすじ

アキレスと亀のパラドクス、実数の連続性の謎、「存在」しない数、無限の持つ無限の種類、ケインズ投資理論と無限時間、『ドグラ・マグラ』と脳に棲みつく無限、そして悲劇の天才数学者カントールの無限集合論…。無限はこの世界の至るところにひそみ、「数」を身にまとってその姿を現わすチャンスを狙っている!数学、哲学、文学、経済学を横断し、遙かギリシャから現代へと駆け抜ける、無限迷宮をめぐるスリリングな旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 集合論は苦手だ。無限に魅入られた数学者の話は興味深いが、無限そのものを理解するのは至難の業。

  • 2009年刊。著者は帝京大学准教授(理学部数学科卒の経済学博士)。大・多だけでなく、無限小(これは連続にも繋がる)も包含する「無限」概念。これに関して、古代ギリシャのユークリッド、アキレスと亀の挿話から、デギギント(デギギント切断)、カントール(無限集合論)、不完全性定理等、無限に挑みながら、その征服に成功しても更なる矛盾が見つかり、どんどん迷宮に嵌まり込んでいく。この数学者のもがく様、そして「無限」の持つ不可思議さと深遠さを垣間見させる良書。本書は、フィクションや経済学(特にケインズ)も素材にする。
    このような多方面からの解説は、簡明な文体と相まって(厳密でないと断りを挿入するのが心憎いが)、読みやすい一書であった。

  • 非常に面白かった。

    一見無味乾燥に思える数学の概念だが、そこには非常に豊かな世界があるということ気づかさせてくれる。

    無限の問題を考えるきっかけとしてゼノンのパラドックスからはじまり(アキレスが亀に追いつくためには無限和が有限値に収束する必要がある:完備な世界)、アキレスは亀に追いつけない世界があってよいという。

    そして無限という題材を考えるにあたり外せないのがカントールが提出した集合の考え方からのアプローチである。ここの概念も非常にわかりやすく解説してくれる。はじめは無限の大きさ(濃度)はどれも同じであろうとカントール自身も考えていたのに研究を進めていくとどうやら無限の濃度にも差異がありそうだとなり、その結果に疑心暗鬼になりながら概念の開拓が進んでいったということも興味深い。
    そして、その話の流れのまま、ゲーデルの完全性定理/不完全性定理まで突っ走っていく。

    最後の小説も数学の概念にイメージを与えるという意味で納得。それぞれの章の世界はN,Z,Q,この世界,V(自然数、整数、有理数、、)というところがまた

    高校生ぐらいの若い頃にこの本に出会っていれば数学への取り組み方も変わっていたかも。

  • 数学の中でも難解な無限についての本。小中学生の間に当たり前なこととして習ってしまう内容もふと考え始めれば無限ループに陥ってしまう。過去の偉人のエピソードも加えながら解説していく。正直用語等も数学に慣れていないと厳しいものもあり、説明に妥協がないだけに読んでいて疲れた。

  • 筆者の言葉で語っているため、ゼノンのパラドックスのようなよくあるテーマであっても、それぞれ何らかの発見は得られる。
    ただ、第3章のカントール出現以降はさすがに厳しい。
    4章の小説は申し訳ないが端にも棒にも引っかからない。

  • 無限をテーマに進んでいく本書。
    前半は数学のわかりやすい解説。後半は無限をキーとした数学の小説。
    後半の小説は少しわかりにくいところもあったが、楽しめた。

  • 「無限」と「連続」は、古来から探求されてきたテーマだ。
    バートランド・ラッセルは次のように言ったという。
    「ゼノンは3つの問題に関心を持っていた。無限小、無限大、そして連続、この3つである。ゼノンの時代から今日にいたるまで、それぞれ時代の最高の頭脳がかわるがわるこの問題と取り組んだが、おおよそのところ何一つ成果を上げることができなかった。しかし、ワイエルシュトラス、デデキント、およびカントールがこれらの問題を完全に解いたのである」
    経済学者としての知識も詰め込みながら、そして自作の小説も織り込みながら、「無限」というテーマについて縦横無尽に書かれているのが本書。
    著者の博識にも驚かされる。
    読み応えのある一冊。

  • 無限という概念を軸に数学史から文学・哲学・経済学の関わりまで縦横に論考してめくるめく世界観を提示している
    末尾の数学小説も侮れない
    素晴らしい頭脳だ
    脱帽

  • 数学Ⅰでさえ満足に理解できない僕だから、
    本書の内容を理解することは難しい。

    だが、心配しなくていい、
    そこいらの数学者だってどうせ完全な理解などできやしない。

    本書のテーマは、無限だ。
    カントールという数学者の物語でもある。

    1845年生まれのカントールという天才が生涯を賭して
    兵隊が塹壕を這うような苦しみのうちで見つけた無限という宝石の、
    深淵なる暗闇を覗き込む、そういう物語だ。

    無限を解く鍵に小学校で習う集合という概念が登場する。
    自然数と有理数という異なる集合は同じ大きさの無限だが
    無理数の集合と比べるとどうか。

    本書を読めば、永遠とか、永久、久遠という言葉を使うことに
    戸惑いを感じるようになるだろう。
    多くの数学者が悩み抜いた無限という概念を思い出すから。

    だから、近く結婚式を控えている人には本書はお薦めできない。

    できれば結婚してから読んでほしい。

    そして、あの誓いの言葉を是非とも振り返ってみて欲しい。

  • なんてロマンティックなんやー!!!

    あの授業も、
    あの夜通し議論した夜も、
    シャーペン走らせて積み重ねた膨大な計算用紙も、
    その先の先にはこんな世界が広がってたのか…

    数字はミステリアスで魅力的。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、東京生まれ。東京大学理学部数学科を卒業し、同大大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士。現在、帝京大学経済学部教授。経済学者として研究・執筆活動を行うかたわら数学エッセイストとして活躍。2006年に刊行された『完全独習 統計学入門』(ダイヤモンド社)は20刷を超えるロングセラー。ほかに『世界を読みとく数学入門』『無限を読みとく数学入門』(角川ソフィア文庫)、『世界2乗でできている 自然にひそむ平方数の不思議』(講談社ブルーバックス)など著書多数。

「2017年 『世界は素数でできている』 で使われていた紹介文から引用しています。」

無限を読みとく数学入門 世界と「私」をつなぐ数の物語 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

小島寛之の作品

無限を読みとく数学入門 世界と「私」をつなぐ数の物語 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする