登山と日本人 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044092214

作品紹介・あらすじ

日本人にとって山は聖地であり、レジャーとしての登山が日本で一般化するのは明治末期だった。日本とヨーロッパを比較しつつ、山と人間との関わりの歴史をたどり、山の魅力に迫る。『登山の誕生』を加筆のうえ改題。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まずは、古代ギリシャ史から始まりヨーロッパの歴史をひとなめしながら16c~18cまでの大博物学時代まで語られます。著者の小泉武栄氏は自然地理学、地生態学の教授です。地質学者、植物学者がアルプスを発見、またモンブラン登頂していることからか、詳しく書いてくれています。

    日本においては仏教の多様性から始まり、インド、中国と語り、道教から修業の始まり修験道と山岳仏教について。
    熊野信仰や空海、御縮山......、とにかくいろいろ知り得てお得な一冊でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948年長野県飯山市生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得。理学博士。東京学芸大学教授を経て現在、名誉教授。専門は自然地理学、地生態学。高山や極地の植生分布と地形、地質、自然史との関わりを主に研究してきた。著書に『山の自然学』(岩波新書)、『日本の山はなぜ美しい』(古今書院)、『自然を読み解く山歩き』(JTBパブリッシング)、『ここが見どころ日本の山』(文一総合出版)、『登山と日本人』(KADOKAWA)、『日本の山と高山植物』(平凡社新書)などがある。

「2018年 『地生態学からみた日本の自然』 で使われていた紹介文から引用しています。」

登山と日本人 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

小泉武栄の作品

ツイートする