日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情 (角川ソフィア文庫)

著者 : 山口博
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2015年8月25日発売)
3.89
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 35人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044092245

作品紹介

古代から近世まで、古典に登場する人物のうち、給料をもらう人物の年収と私生活を、米の値段などをもとに現代のお金に換算。丁寧な分析で、山上憶良、菅原道真、紫式部などの収入を明らかにしていく。

日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よもすずし ねざめのかりほ たまくらも まそでもあきに へだてなきかぜ
      兼好法師

     古典文学を読んでいると、当時の人々の経済事情も知りたくなってくる。国文学者山口博による「日本人の給与明細」は、「古典で読み解く物価事情」という興味深い副題がつけられた著書。巻末には奈良時代から江戸時代までの「物価表」もあり、単身赴任者や財テク武者、脱サラ・コピーライターなど、現代ふうにそれぞれの「給料」が解説され、発見に満ちていた。

     兼好法師は、「徒然草」で知られる鎌倉時代の随筆家。中級官僚の家に生まれ、30歳前後で出家するまでは、官僚といういわゆる「サラリーマン」でもあった。「ボーナス」も支給され、十分な給料をもらっていたが、本書によると、文芸の才能を生かすために自由出家の道を選んだらしい。

     とはいえ、生活費は当然必要なもの。出家後まもなく、ある田地を購入し、そこでとれる年貢米を金に換えて貯蓄していたという。10年後、その土地を「寄付」の名目で売却し、今でいう「土地転がし」のような手段で生計を立てていたそうだ。

     権力者のラブレターの代筆も手掛け、金の工面には苦労があったようだが、精神的な自由だけは確保していたのだろう。

     掲出歌は、実は、友人に経済的援助を乞うたもの。各句の1文字目を上から下に続けて読むと「よねたまへ(米給へ)」となり、終わりの文字を下から上に続けて読むと、「ぜにもほし(銭も欲し)」の言葉が現れる。
     とはいえ、遊び心たっぷりの歌であることに、どこかほっとさせられる。
    (2017年9月10日掲載)

  • 本屋で衝動買い。当時の物価から見えてくる古典文学というテーマのエッセー集。江戸時代の武士の収入はどれぐらいだったか?や、平安時代の貴族の収入はどれほどだったか?などがわかって、とても面白く読めた。末尾に各時代の物価の詳細が載っている表があって、今後の古典文学や歴史小説を読む際の参考となりそうである。

  • <目次>
    第1章  奈良時代
    第2章  平安時代
    第3章  鎌倉時代
    第4章  室町・戦国時代
    第5章  江戸時代

    <内容>
    各時代の様々な資料を駆使して、収入や支出の様子を描いたもの。著者は平安時代が専門の文学系の人らしく、前半のほうが詳しくて面白い。日本史を教えている立場からすると、こういう資料は授業で活用しやすいのでうれしい。経済的な話以外にも、『紫式部日記』のなかの清少納言や和泉式部への酷評とか、室町時代の文学から見る歴史の様子など、なかなかいい視点だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

山口博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
仲谷 正史
マルクス シドニ...
サンキュータツオ
ジェイコブ ソー...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情 (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ツイートする