俳句への旅 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094119

作品紹介・あらすじ

芭蕉・蕪村から子規・虚子へ――。文人俳句・女流俳句を見渡しつつ、現代俳句までの俳句の歩みを体系的かつ実践的に描く、愛好家必読ロングセラー。戦後俳壇をリードし続けた著者による、珠玉の俳句評論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 入門書、通史の類はたくさんあるけれど、
    グッとくるものは少ない…
    きっと、客観性を重んずるあまり、著者本来の
    志向が薄められているせいじゃあないだろうか。

    本書は、かっこうの入門書であるように思った。
    著者は真摯に俳句に対峙しながら、自身を見据えている…
    それが、ひしとつたわってくるから、心揺さぶられるんだと思う。
    あからさまに語ることのはずかしさ…その一方の熱い気持ち…

    こんなエピソードが紹介されている…

    ―おのれをかえりみる暇もなく、あわただしく過ごした。
      少しうそ寒くむなしい思いがある…(テレビの対談で)…
      高峰秀子が「忙しいってはずかしいことよ」といった言葉が、
      いたく胸にこたえて、しーんとしたひとときをもった。

    巻末で紹介されているのが杉田久女…そうした構成を選んだ
    著者の熱い思いが感じられてならない。杉田久女は、
    生涯のほとんどを九州・小倉で過ごしたという。
    「炎の女」と云われた杉田久女を、もっと知りたくなった。

    今年は、森鴎外の生誕150年、松本清張の没後20年にあたる…
    両者のゆかりの地でもある小倉…どうやら清張の文学館も、
    必見のすばらしいものであるらしい…杉田久女から、
    森鴎外、松本清張を追って…今年の夏は、小倉に旅しようかな…

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大正8年兵庫県生まれ。ボルネオに出征後復員。加藤楸邨に師事し「寒雷」編集長を経て俳誌「杉」を創刊主宰。句集『鯉素』で読売文学賞を、句集『四遠』で蛇笏賞を受賞。昭和62年紫綬褒章受章。著書に『澄雄俳話百題』ほか多数。文化功労者。

「2009年 『俳句への旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森澄雄の作品

俳句への旅 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×