英傑の日本史 風林火山編 (角川文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.80
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094294

作品紹介・あらすじ

戦にも民政にも才を発揮した武田信玄、長く存在を否定されてきた軍師・山本勘助、父の仇に嫁した諏訪御料人――。戦国最強と謳われた武田軍団の野望と人間ドラマから、謀略渦巻く戦国史の襞に分け入る!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 有名ドコロの武将を紹介した前半も通説と著者の新説を交えた解説で興味深かったが、マイナーな武将を取り上げた後半の方により面白かった。特に只来五左衛門。「自分自身は何事も成し遂げていないくせして、他人に難癖ばかりつける卑怯者」って、現代にもウヨウヨいらっしゃいますねぇ。

  • Reviewするほどじゃなかったなー。

  • 英傑シリーズの武田家編。
    有名どころから無名どころまで著者なりの評伝がまとめられている。
    武田家滅亡の際における穴山梅雪、小山田信茂、木曽義昌の裏切りに、諏訪家滅亡などにみる諏訪頼重、武田信玄の人物像の考察が面白かった。
    人数は多く網羅しているが同じ武田家の話だけに内容は重複も多いので、有名な武将ひとりひとりを知るというよりは戦国武田家を俯瞰する内容。

  • 2010/11/27 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2015/6/12〜

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』『日本史真髄』(以上、小学館)、『学校では教えてくれない日本史の授業』(PHP研究所)、『動乱の日本史』(KADOKAWA)など著書多数。

「2021年 『汚れた「平和の祭典」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

ツイートする
×