俳句はかく解しかく味わう (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094409

作品紹介・あらすじ

俳句界の巨人が、俳諧の句を中心に芭蕉・子規ほか四六人の二〇〇句あまりを鑑賞し、言葉に即して虚心に読み解く。俳句の読み方の指標となる『俳句の作りよう』『俳句とはどんなものか』に続く俳論三部作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 芭蕉から子規らの俳句を虚子流に斬る!という本。高浜虚子の言うことはさておき、自分はこういう句は好きだなー、こういうのは好みじゃないなー、と読めて面白かった。

  • 高浜虚子による、俳句の解き明かし。人ごと、時代ごとに分けるのではなく、虚子が思いつくままに並べて、解釈していったかのような徒然な展開で、俳句を知らなくても楽しめた。俳句が、技巧を凝らしたり、裏の意味をもたせたり、警句にしたり、といった複雑なものではなく、もっと素朴で、現実を切り取ったものであるべき、という姿勢に共感。わかりやすいから。
    この句集を読んで、俳句をもっと知りたくなった。良書。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

明治7年松山生まれ。本名、清。子規、漱石、碧梧桐らと親交を結び、『ホトトギス』発行人となって今日の俳句隆盛の基礎を作る。「客観写生」「花鳥諷詠」など、広く老若男女に俳句を伝え広めると共に、多くの優れた俳句作家を育成した。文化勲章受章。昭和34年没、85歳。

「2021年 『進むべき俳句の道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高浜虚子の作品

ツイートする
×