日本人とキリスト教 (角川ソフィア文庫)

著者 : 井上章一
  • 角川学芸出版 (2013年10月25日発売)
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094485

作品紹介

キリスト教を「信仰しない日本人」は、どのようにキリスト教という宗教をとらえてきたのか。江戸・明治の事例を紹介しながら、信仰心の側面だけではなく、知的好奇心からキリスト教と日本の関係を考える。

日本人とキリスト教 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 烏兎の庭 第一部 書評 6.4.04

    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto//uto01/yoko/inouey.html

  • キリスト教をめぐる「トンデモ学説」を、江戸時代にまで遡って考察。例えば、明治期の「聖徳太子伝説=聖書翻案説」から脱亜論的なナショナリズムを読み取ったり、なかなか面白い論を展開されている。

  • 近世・近代日本のキリスト教に関する様々な言説を取り上げ、そこから日本におけるキリスト教受容史を考察した書。「空海による景教日本伝来」・「由比正雪キリシタン説」・「キリスト教仏教由来説」等、今日からすると珍説奇説にカテゴライズされるような数々のキリスト教言説を紹介し、そこから日本においてキリスト教がどのように捉えられてきたかを考察する。
    本書は様々な資料を通して、近世・近代の日本のキリスト教解釈を考察することを試みている。本書の中では実際に語られたキリスト教にまつわる種々の珍説奇説が紹介されているが、無知や誤解・時代的制約から生み出されたこれらの言説は、その性質故に当時のキリスト教観を如実に示している。当初「邪教」として反逆や魔術と結び付けられていたキリスト教が、長い禁教時代の中で徐々に知識人層の知的好奇心の対象となり、明治期に入ってからは脱亜入欧的立場から日本と結び付けられるものとなった、という筆者の指摘は興味深い。「~か。」などといった曖昧な末尾が多かったのが少し気になったが、ある文化が異文化をどのように解釈したかに注目した研究として本書は注目されるだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

日本人とキリスト教 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

井上章一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
赤坂 憲雄
J・モーティマー...
いとう せいこう
ウィトゲンシュタ...
森田 真生
中谷 宇吉郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人とキリスト教 (角川ソフィア文庫)はこんな本です

ツイートする