チベットの先生 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学びには師を求めて教えを請う急ぎ足で旅をする方法や
    出合いを拾いながら自分流に真理を求めて歩む
    緩やかな道もある
    いずれにしても
    無限の学びだからどちらが近道ということもなさそうだ

    中沢新一は悟りの境地を求め僧侶に憧れて師を求めたが
    ラマに諭されたように結局研究者の道を選ぶことになる
    それは瞑想によってヒラメキを求めるニンマ派に惹かれながらも
    学識を重んじるカギュ派の道を選んだことになるのだろうか
    それとも学識派に感覚派であるニンマ派による悟りの世界を
    持ち込もうとしているのだろうか・・・

    中沢新一による多作な本からかなり読み込んできたけれども
    そろそろ行き詰まりを感じてきたように思えてきた
    何かが中途半端に感じてしまう
    悩みを綴る誌のようでもあり発見の喜びに欠けるのかもしれない

  • 淡々と

  • 自分が何も知らなかったことを知りました。仏教について、チベットについて、本当に無知でした。自分はなんと精神的に浅く生きてきたことだろうか。もっとちゃんと理解したいと思いました。
    最後の方は少し悲しい気持ちになりました。中国は、なんという、、悪だ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

中沢新一(なかざわ・しんいち)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。思想家。
著書に『アースダイバー』(桑原武夫学芸賞)、『大阪アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)、『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)『哲学の東北』(斎藤緑雨賞)など多数ある。

「2018年 『精霊の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チベットの先生 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

中沢新一の作品

ツイートする