増補版 時刻表昭和史 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094829

作品紹介・あらすじ

二・二六事件の朝も電車を乗り継いで小学校に通い、終戦の日も汽車に乗っていた――鉄道紀行の第一人者が、家族の風景と青春の日々を時刻表に重ねて振り返る体験的昭和史! 同名の角川文庫版に口絵を新規収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第1作「時刻表2万キロ」、第2作「最長片道切符の旅」、第3作「汽車旅12ヶ月」でどっぷりとハマってから読みました。
    iPadのGoogleMapsとWikipediaだけでは足りなくて、時刻表の、昭和9年12月のダイヤ改正号(復刻版)も買って、1つ1つ丹念に確認しながら熟読していきました。
    宮脇俊三先生が生前、「いちばん思い入れがある、渾身の力作」と語っていたのが納得できる内容です。
    当時を生きた宮脇俊三先生の目線からの戦前と戦中、そして戦後を、文章として書き残してくださったことに、感謝感謝、心から大感謝です。
    なお、第4作の「時刻表昭和史」は、昭和20年8月15日の終戦まで。
    その後の「増補版」は、戦後の混乱期についても書き加えられています。
    今から初めて1冊だけ手に取るなら、後者のほうが。

  • 時刻表を手かがりに描かれた戦前史。
    とても、精密で勉強になった。

  • 時刻表を軸に語られる激動の昭和史。文章が格調高くて実に良い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1926年、埼玉県生まれ。78年、国鉄全線乗車記『時刻表2万キロ』を刊行し、日本ノンフィクション賞を受賞。『最長片道切符の旅』『時刻表昭和史』等、多くの著作を残し、鉄道紀行文学を確立した。2003年病没。

「2019年 『ローカルバスの終点へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮脇俊三の作品

ツイートする
×