神秘日本 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.80
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094874

作品紹介・あらすじ

人々が高度経済成長に沸くころ、太郎の眼差しは日本の奥地へと向けられていた。恐山、津軽、出羽三山、広島、熊野、高野山を経て、京都の密教寺院へ――。現代日本人を根底で動かす「神秘」の実像を探る旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に
    爆発しつづけるべきだ。
    それがいのちの本当の在り方だ。

    という岡本太郎さんの言葉に衝撃を受けた。
    ので著書を色々読んでいこうかなと。

  • 岡本太郎のイメージが変わった。
    あのダイナミックな絵画を描く印象とは異なる、繊細な描写と文学的な表現。段々と吸い込まれる様な世界観に魅了される作品。

  • 岡本太郎はこういう本も書いていたのか。意外にと言っては失礼だが文章もなかなか読ませる。最初の4篇は中央公論連載の旅行記、後ろ2篇は芸術新潮連載でもうすこし形式張った芸術論らしきものでやや読みづらい。しかし、こうトーンをはっきり書き分けるあたりもけっこう器用よね。

    岡本の幼時の記憶にある魔よけ「ほうこ」。さるぼぼの近縁のようだ(p.6)

    <blockquote>呪術には矛盾がある。
    効果、力があらわれるという前提がなければ成り立たない。少なくともそれが示現する、した、と人々に思われることがなければならぬ。しかし同時にそれが必ずあらわれるのでは、やはりいけないのである。カクすれば、必ずカクなる、というんだったら、それは実用的約束であって、呪術でも何でもないからだ。(p.18)</blockquote>芸術の場合も同じだと

    岡本の幼時、川崎大師への初詣で見たおびただしいライ病患者の乞食たち。浄と汚れの同居をイタコの存在になぞらえる(p.28)

    南部と津軽の格差。南部は米が取れず飢饉が多い、その一方で津軽からは米をどんどん上方へ積み出す。廃藩置県後の役人と公職も津軽が独占した(p.39)
    「晴子情歌」を思い出した。こういう背景があったのか!

    川倉の地蔵堂に大興奮(p.45)

    日本の神々は仏や儒教とくっついたり離れたり融通無碍なだけに、官僚とも易易むすびついて国家神道などという柄にもない大風呂敷を広げた(p.85)

    密教的修験道に見るノーマルな共同体のルールに従わない異質な存在(p.92)網野っぽい
    また修験道にある輸入された仏教的な要素と、もともとの日本的な非思想性

    羽黒山「松例祭」の「綱さばき」での若者たちの討論会(p.104)

    <blockquote>夜の火は虚飾の奢りである。華やかに燃えて、目に鮮やかだ。だが昼の炎、そのエネルギーは不可視だ。思わずふれて、傷つく。人間はそういう経験をつみ重ねている。その危険感は不吉な力だ。だからいっそう神聖なのである。(p.167)</blockquote>那智の火祭りにて

    熊野は古座の祭りでの「ショウロさん」。この子供たちは神のよりましであるとして、三日間物忌をする。外に出ないし土を踏まない、便所に行くのもおんぶ(p.183)理由付けは異なれど鯨船的

    「ショウロ様」が御神体のほうを向かずに海の方を向いて座らせられるのに、別の海の祭りとの融合を推測する

  • 久々に楽しい本に出会った。
    岡本太郎さんは感性だけの人ではない。
    羽黒の松例祭を訪れた事が書かれたので読み始めたが
    イタコのこと、オシラサマの事、熊野や田植え田楽など
    当時の様子がとても詳細に書かれていて
    貴重な記録でもある。
    作品もさることながら、多くの芸能に目を向けたその記録も多い評価すべきだと思う。

  • 文字であれ絵画であれ形なる前の何かを掴みたいという岡本太郎の衝動はよくわかります。宇宙なのか無なのか有象無象の何かを。

  • 「沖縄文化論」と同じく独特の文体、独自の視点。日本人を深い底で動かす神秘の力を見る岡本太郎の眼。文章とカメラで熱をもって表現されます。

  • 恐山、熊野、高野山など岡本太郎が訪ねる密教の聖地。自らの創作意欲を掻き立てるための研究はバイタリティに溢れている。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1911年生まれ。29年に渡仏し、抽象芸術運動に参加。パリ大学で哲学、社会学、民族学を学び、ジョルジュ・バタイユらと活動をともにした。40年に帰国し、戦後、前衛芸術運動を展開。50年代からは日本文化を独自の視点からとらえなおす論考を精力的に発表したほか、『日本再発見』(角川ソフィア文庫)、『沖縄文化論』(中公文庫)などの紀行を著した。70年、大阪万博で《太陽の塔》を制作。さまざまなメディアで発言を続け、「芸術は爆発だ!」などの名言を残した。1996年没。その存在は現在も若者たちを触発し続けている。

「2020年 『岡本太郎の眼』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本太郎の作品

ツイートする
×