機動戦士Vガンダム〈1〉ウッソ・エヴィン (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.18
  • (4)
  • (2)
  • (31)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 121
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044101473

作品紹介・あらすじ

人類が歴史の舞台を宇宙に移しても戦い止まぬころ-。スペース・コロニー、サイド2で勃興した"ザンスカール帝国"は、地球連邦政府に反旗を翻し、帝国軍隊"ベスパ"をもって侵攻を開始した。一方、緑におおわれた大地"ポイント・カサレリア"に暮らす少年、ウッソ・エヴィンはその状況も知らず、パラダライダで大空を風の流れるままに飛行していた。だが、ベスパの進軍はカサレリアの空を容赦なく切り裂いた。突然、飛来したベスパのモビル・スーツがウッソを襲う。必死の抵抗の中で、未来に想いをはせる少年が見たものは-。不巧の名作を生んだ著者の新境地。新たなガンダム物語、待望の登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いまひとつ
    ウッソがなかなかガンダムに搭乗しない
    とういうより1巻では のらないで終わる
    古本屋で探しまくったのに。

  • 『伝説巨神イデオン』『リーンの翼(小説版)』と並び、いわゆる「黒富野」作品の代表と称されるVガンダムのノベライズです。尺の都合で舌足らずになりがちなTVシリーズを補完するものとなって...というか、まずはじめに映像作品ありき。な内容かと思われます。小説というよりは絵コンテを文字でおこしたものと考えたほうが良い文章です。文字で味わう富野節。ガンダムの場合は特に、小説はファンアイテムの要素が強いので、これでよいのかもしれません。まさに一見さんお断りの世界ですね。この巻はアニメ版の3~4話くらいまでの展開です。

  • 全巻

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

とみの・よしゆき 「機動戦士ガンダム」シリーズの総監督にして原作者。多くのヒットアニメシリーズを手がけているほか、ノベライズ、オリジナル作品も含めて50冊以上の著作がある。

「2010年 『リーンの翼 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富野由悠季の作品

ツイートする
×