オーラバトラー戦記〈5〉離反 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044101589

作品紹介・あらすじ

ギィ・グッガの戦いから三年。ジョクはかねてより計画していたアの国からの離反を決意する。国王ドレイクが仕掛ける大義なき覇権戦争に大きな疑問を抱いていたのだ。同じ疑問を抱くドレイク王の娘、アリサたちとともにミの国に身を寄せたジョクはピネガン王と会見した。それはアの国とミの国との苛酷な戦いの始まり、バイストン・ウェルをゆるがす戦乱の時代の幕開けだった。大幅な加筆訂正を加えた迫力の大河ロマン完全版、第5弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジョクの、アの国との決別を描く。出番は少ないがガラリアの性格や思うところはとても寂しく、また人情味が出ていてキャラクターが生きているかのように感情移入できる。富野監督の戦争観がよくわかる一冊。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

とみの・よしゆき 「機動戦士ガンダム」シリーズの総監督にして原作者。多くのヒットアニメシリーズを手がけているほか、ノベライズ、オリジナル作品も含めて50冊以上の著作がある。

「2010年 『リーンの翼 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富野由悠季の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×