オーラバトラー戦記〈7〉東京上空 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044101602

作品紹介・あらすじ

乗り込んだオーラバトラーごと現代日本にとばされた、ジョク、バーン、ガラリアの三人の騎士。彼らが駆る人型戦闘マシンに対し、恐れと戸惑いの気持ちを抱く一方、その強大な力を手に入れるべく暗躍する地上人たち。別々の土地に降り立った騎士たちは、さまざまな困難をのりこえて、東京上空で再会をはたしたのだが、そこには、自衛隊機と米軍機の姿が…!?現在の日本を鋭くえがいた、大幅加筆を収める、話題の大河ロマン第7弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 異文化との接触を、日本とアメリカのそれぞれの反応を対比して描く。バーンの地上慣れとそれに追随できないガラリアの葛藤といらだち、二人をフォローしようとするジョクの三つ巴が、それぞれの視点で満遍なく展開していく。終盤ではやはり回避できない悲劇が待っている。アニメよりも感情移入してストーリーを追っているためより印象深い。しかしこれが悲しいことであるのかどうかは個々人の見方によるかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

とみの・よしゆき 「機動戦士ガンダム」シリーズの総監督にして原作者。多くのヒットアニメシリーズを手がけているほか、ノベライズ、オリジナル作品も含めて50冊以上の著作がある。

「2010年 『リーンの翼 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富野由悠季の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×