魔獣戦士ルナ・ヴァルガー〈1〉誕生 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 : 秋津透
制作 : あろ ひろし 
  • 角川書店 (1988年4月発売)
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 44人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044105013

魔獣戦士ルナ・ヴァルガー〈1〉誕生 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正しく、コレなんてエロゲ。

    全12巻の全てに一つ以上の濡れ場を用意されています。
    でも、エロよりも、作者の文体やストーリーが素晴しい。
    そんじゃそこらのラノベじゃねぇぜよ。
    あのルビの嵐で2重の意味を与える構成が好きです。
    HPのimage altで遊ぶ感覚ですわ。

    そして、ギルバードというキャラが凄い好きでした。ダイの大冒険のポップを、根明でアホにした感じですが、全編を通し成長し、決めるとこを決めてくれたのが好印象的でした。(11巻か12巻での活躍は涙ものです。)

    文句なしのお勧めです。

  • 若いころの衝撃だったラノベファンタジー小説。力強い絵と個性的な文体、引き込まれる世界観、個性的なキャラ。アダルトな部分もきっちり描写があるが故にメジャーにはなりえなかったけれども、主人公のルナの恋愛の行く末をわくわくしながら見守っていました。

  • 異世界、異時間、異空間。小国リムズベルは、全世界征服の野望をむきだしにしたダンバス帝国の大軍に包囲されて、その運命は風前の灯。美人での剣の達人の第二公女ルナの活躍で一度は敵を混乱させるが、次の攻撃には、もー保ちそーにない。その時、城の地下深く封じこめられていた大魔獣ヴァルガーが復活、みごとに敵軍を蹴散らした。しかしその魔獣の頭部には、それと気づかぬうちにルナが合体していた!さあ大変、嫁にもゆけぬ身体となったルナは、伝説の大魔道師ザシャムを捜しに北へ旅の第一歩…奇想天外の大構想で展開する、注目の新人のシリーズ、いよいよ登場!

    削除

全3件中 1 - 3件を表示

魔獣戦士ルナ・ヴァルガー〈1〉誕生 (角川文庫―スニーカー文庫)のその他の作品

秋津透の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔獣戦士ルナ・ヴァルガー〈1〉誕生 (角川文庫―スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

魔獣戦士ルナ・ヴァルガー〈1〉誕生 (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする