ファイナルファンタジー2―夢魔の迷宮 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 : 寺田憲史
制作 : 天野 喜孝 
  • 角川書店 (1989年4月発売)
2.93
  • (0)
  • (1)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044106041

作品紹介

フリオニール、マリア、ガイ、そしてレオンハルト。あのヒーローたちが甦る。これは'88年暮、大ヒットしたファミコンRPG「ファイナルファンタジー2」の完全小説化。ゲームのシナリオを担当した寺田憲史が熱筆をふるった。また描き下しイラストは、キャラクターデザインをした天野喜孝が担当。ファンの熱い声にこたえて、ここに登場だ。

ファイナルファンタジー2―夢魔の迷宮 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲームのストーリーのほうが好み。

  • 名作RPGシリーズ、ファイナルファンタジーの二作目のノベライズ版です。

    ライトノベル一冊分ということもあり、ゲームとはだいぶ話が違います。
    ゲームではかませ犬だったボーゲンが、強敵としてフリオニール達の前に立ちふさがったり、
    ゲームでのヘタレだったゴードンがそのボーゲンに対して相打ち覚悟で戦ったり……。

    皇帝の名前の「マティウス」はこの作品が初出であったり、
    ノベル版ではクリスタルが重要な役割を持っていたりと、
    FF2の「アナザーストーリー」としては興味深い内容が多いです。
    FF2好きなら一度は読んでみた方がいいでしょう。

全2件中 1 - 2件を表示

寺田憲史の作品

ファイナルファンタジー2―夢魔の迷宮 (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする