喪神の碑(いしぶみ)〈5〉エリノアの光輪 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 : 津守時生
制作 : 小林 智美 
  • 角川書店 (1991年10月発売)
3.61
  • (12)
  • (14)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
  • 135人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044117054

作品紹介

ウロボロスの手から、O2ことオスカーシュタインを救いきれなかったリリエンスールは、カイユの館で突然倒れた。体の不調を懸命に隠すため、皆から離れ単独行動を取る彼を、心配げにみつめるジョナサンたちであった。一方、那藜の"大公"と仇名される、ユーフェアミの父、ナヴァルフォールがカイユへとやって来るが…。新生ラフェールをめざして、今、宇宙の歴史が、新たにまわりはじめようとしている。大好評、スペース・オペラ、感動の完結編。

喪神の碑(いしぶみ)〈5〉エリノアの光輪 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終巻。きちんと盛り上がりがあって、後味もよかった。
    オルガも結構好き。
    マリリアードと対照的な、O2の「万人に好まれるより、ただ一人との友情に価値を見出す生き方」っていうのも魅力的だなぁ、と思う。

  • 2009/02/27-2009/02/28

  • 080826



全4件中 1 - 4件を表示

津守時生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

喪神の碑(いしぶみ)〈5〉エリノアの光輪 (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする