機動戦士Zガンダムフォウ・ストーリー―そして、戦士に… (角川スニーカー文庫)

著者 : 遠藤明範
制作 : 北爪 宏幸  富野 由悠季  矢立 肇 
  • 角川書店 (2001年8月発売)
3.59
  • (8)
  • (1)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 61人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044119065

作品紹介

一年戦争時、ジオンの極東へのコロニー落としにより家族、さらに自分の記憶までも失った少女がいた。戦後、焦土の中をたったひとりで生き抜いてきた彼女は、あるきっかけでニュータイプ研究所のひとつ、ムラサメ研究所に引き取られる。被験者番号004・フォウと名付けられたその少女には、強化人間養成のための、過酷な訓練と運命が待ち受けていた…。カミーユと出会う以前のフォウの生き方を描いた伝説のストーリー、ここに復活。

機動戦士Zガンダムフォウ・ストーリー―そして、戦士に… (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネタバレ 2001年刊行(初出1986年)。著者は機動戦士Zガンダム、機動戦士ガンダムZZのメインライターの一人。Zガンダムで忘れることのできないキャラクター、フォウ・ムラサメ。彼女がTV本編に登場するまでの前日譚を描いた本作。ファースト・ガンダムのあのキャラが須らく青年に成長して登場するのは心憎い。そもそもフォウが鮮烈なインパクトをもたらしたのは、ファーストで描いたニュータイプの輝かしい未来像を、戦争の道具としての人為的ニュータイプという位置づけで完膚なきまでに叩き潰したところにある、と後年思うようになっている。

    映画版機動戦士ガンダム以降、富野作品は立て続けにTV放映、映画化された。そこで描かれるのは、状況や設定は違えど、立場、思想、経験、所属グループ、さらには恨みや妬み等の感情から、救いがたきディスコミに陥ってしまうという人の業(典型は伝説巨神イデオンとその映画版。戦闘メカザブングルがまだ薄い方)。そして、ガンダム続編でもやはりそうなのか、という印象を第一に植えつけたのが、このフォウである。理解し合えるはずだったニュータイプをディスコミの表れと描くΖガンダムという作品。

    本ノベライズは、その彼女の過去(本編では失われた記憶)を具体的に見せることで、本編の悲劇をいやが増す作用を齎している。本編補完のノベライズでも本作が特異な位置にあると思う所以である。

  • Ζガンダムのヒロイン、フォウ・ムラサメの物語。
    彼女がムラサメ研究所に引き取られ、そこで「フォウ」と名づけられたのは4番目の被験者だから。
    本書の中で彼女が取り戻したかった記憶の真相が語られている。

  • Zガンダムの悲劇のヒロイン、フォウ・ムラサメがカミーユと出会う前の物語。戦災孤児だった彼女がムラサメ研究所に引き取られ、強化人間として訓練を受ける過程がホンコン・シティ出撃の瞬間まで語られています。
    4番目の被験者ということで、フォウと名づけられた彼女ですが、冒頭でキョウという名で呼ばれています。そして劇中で彼女が欲してやまなかった過去の記憶・・その真相が語られています。
    あと驚きなのが、ミハルの弟が登場。
    色んな驚きとともにフォウの哀しい背景を知らせてくれる本でした。

    この小説の中に白いサイコガンダム(冷蔵庫)と赤いハイザックが出てきます。この2つを絡ませて名場面を作ろうかとも思いましたが、両者は絡んでいないので却下。でも簡単な改修とリペで作れそうなので機体だけでも作ってみましょうかね~。

    余談ですが、彼女の不遇の最期に納得のいかなかった私はせめてゲームの中だけでも・・と、ロボット大戦では彼女を仲間にしてカミーユと共闘させるというのが常でした。それやっておくとシロッコに魂もってかれずに最後までカミーユ使えますしね。
    その後、ファも加えた三角関係に発展していきそうですがまあそれはそれ。
    個人的にはフォウの圧勝のような気がするので、ファにとってはあんまりよくなかったかもしれませんなぁ~・・。
    などというどうでもいい考えをめぐらしたりもするのでした~

  • 茂木さんにオススメされ借りた本。
    むちゃくちゃ面白かったんですけど!
    ガンダムシリーズ、おさらいしようかな。DVDでも。

  • 記憶。
    それは人の財産であり、足がかりであり、後ろ盾であり、拠り所でもある。
    大切な記憶だけでなく、忘れたい記憶もあるだろうけど、
    人はそれを背負い、踏みしめ、土台としながら歩んでいくのだと思う。

    ………

    「ねえ、フォウ」
    「なあに?」
    「思い出はこれからいくらでも作れるって言ったね」
    「ええ」
    「その思い出……僕と一緒に作らないかい?」

    ………

  • Zガンダムにハマりすぎて、横道それました。
    哀しいお話です。

  • 質の良い同人誌

全7件中 1 - 7件を表示

機動戦士Zガンダムフォウ・ストーリー―そして、戦士に… (角川スニーカー文庫)のその他の作品

遠藤明範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士Zガンダムフォウ・ストーリー―そして、戦士に… (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする