終わりのないラブソング〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.70
  • (11)
  • (11)
  • (25)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044124021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 類まれなる美貌をもって生まれた少年、二葉。
    それゆえに酷い目にばかりあってきた二葉。
    あまりにつらくて闇のような痛みと絶望的な世界にしか墜ちる場所がなかった二葉。
    行き着いた少年院のなかでももう死以外に苦しみから逃れる道はないと思われたが。
    そこでのいくつかの出会いが、二葉の心の在り処をほんの少し動かす。そしてたったひとつ、初めて見つけたひとつの気持ち。人を愛する、という気持ち。
    第2巻。このストーリーはBLのカテゴリーなのだろうが、ここにはジャンルを超えた強烈な叫びがある。どのページにも二葉の、一度は何も感じなくなっていた二葉の取り戻した感情が溢れている。
    なぜリアルタイムでこの本に出会わなかったのだろう。若いときに出会いたかった。栗本薫氏、すごい。全ページから、全センテンスからエネルギーがこちらに投げつけられてくる。
    絶版になっているようだが再版を望む。これはいまの若い人にもきっと響く。

  • 早くも第2巻読了。このBLは男と女におきかえるとありふれた話となるような気がする。他の話はそういうことはないように感じる。ただ主人公の苦悩は非常によく書かれている。次の巻とのつながり方がわからないため、ワクワクできる。

  • 竜一を選んだかあー! 確かに勇介のことは最初から”そういう”目で見ていなかったもんね。自分にないものを持っているから、反発しながらも憧れていたんだろうな。でも真に二葉が求めていたのは、自分の存在を肯定してくれる人。それができるのは、竜一だけなんだろう。嵐のように激しく、そして誰よりも優しく二葉を愛してくれる人。
    10cmの距離を恐れながらも越えようとする二人のシーンの描写は本当にどきどきしたし、反省室に二葉が手を伸ばして竜一と話すシーンもほんとに切なくて苦しくて…。
    離れ離れになってしまった二人は一体どうなってしまうんだろう。

  • 二葉、少年院で竜一への愛に目覚める。
    目覚めたとたんに竜一と目を合わせるのさえできなくなり・・・、やっと心を通わせられたところで出所。
    連絡先も知らなかったことに愕然とする。

    恋人同士には言葉なんかいらないよね。二人で過ごすことだけで満ち足りる。

  • 少年院にいる村瀬二葉が、「優等生麻生勇介への熱い思い」を持っているというのが少し分からない。

    栗本薫の妄想だといえばそれまでだ。

    作家本人には何か必然性があるのかもしれない。

  • 結局どうなるのか割と最後まで分かんなかったんでそうなったか……と何とも言えない気分です。こうあるべきだったのかな、とは思いますが先行きが不安になります。そしてあらすじだけ追うとよくありそうな話なのにここまで書いた栗本さんがすごい。

  • 「BANANA FISH」の吉田 秋生さんのイラストでした。

  • これの2巻は本当に切ない。
    私のやおい原点。

  • 全8巻プラス番外編…かな。少年院という閉鎖された環境で愛を見つけた主人公。同性愛を通してとある一つの恋愛観を知った。どこまでも孤独な物語の中で、この巻のみ救われる優しさを持っていると感じる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村明日美子
中村明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×