終わりのないラブソング〈5〉 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 吉田 秋生 
  • 角川書店
3.35
  • (4)
  • (5)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044124069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと再会!!長かったーー…
    愛してるから死ぬほど嬉しいし、愛してるからどうしようもなく泣きたくなる。二葉は竜一への愛で生きてる。
    二葉が着実に社会復帰していくなか竜一は脱獄して完全にヤクザ入り。やばい香りしかしないけど、2人が愛し合ってることは確かで…。
    ハッピーエンドを信じたい!

  • 竜一が少年刑務所を脱走してやくざとなり、二葉の前に現れる。・・・そんなことできるんや?
    二葉、一人暮らしを始める。
    見切り発車の一人暮らし。大丈夫か?
    続きが気になる。

  • 再会してからの会話にぐっときた。報われてほしいです。

  • 「BANANA FISH」の吉田 秋生さんのイラストでした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2017年 『ムーン・リヴァー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

ツイートする