終わりのないラブソング〈8〉 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 吉田 秋生 
  • 角川書店
3.41
  • (3)
  • (8)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044124113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々ぐちゃぐちゃ悩んでも、2人にはお互いがいる、愛している、ということしか残らない。

    二葉が自分は男なんだとかホモなんだろうかとか色々悩んでいる所に、竜一が俺も考えてみたけど、結局二葉が好きってことだけなんだよな、と答えてくれたのがすごく気持ちよかった。

    時間よ止まってくれという叫びのような願い。2人の愛が永遠であることを願う。

    というか書き下ろしには泣かされそうになったのに夢オチ…良かったのかなんなのか。笑

  • 続きが気になる。
    竜一と二葉は危なっかしい。

  • 今までの話と終わりの軽重が釣り合わない気がします。そのへんはtomorrow読んだら補完されるのかな……。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2017年 『ムーン・リヴァー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

ツイートする