ゴクドーくん漫遊記〈12〉 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 桐嶋 たける 
  • 角川書店
3.13
  • (2)
  • (3)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044125158

作品紹介・あらすじ

ようやくエシャロットの隣国、フェンネル国までたどりついたがどうも体調がすぐれねぇ。もしかして、刺されると必ず死に至るといわれているクエクエバエのしわざか?ちくしょおっ!この不死身のゴクドー様がハエごときで死んでられっか!!治療のために魔女が棲む樹海にある薬草が必要らしいが、それを取りに行ったルーベットのやつが死んじまったって!?シリーズ、激動のクライマックス-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11巻はゴクドーくんとルーベットしかの出演だったけれど、
    久々にプリンス登場。

    しかし、巻が進むにつれてページが薄くなっていってる気がする。
    もう少しページ数が欲しいよねぇ。
    何かあっさり終わっちゃった感じが。

  • 条件反射のくだりはなんとなく覚えてたなぁ。こういう話だったのね。
    プリンスとかペガサスとか出てきて嬉しい!
    ω小人によるω人質にはふいた。これはひどい……
    次でシリーズラスト!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年2月27日生まれ。
エッセイスト。福岡県出身。
同志社大学 文学部英文学科卒業。
1991年ライトノベルでデビュー。
以後、エッセイストとして、買い物依存症やホストクラブ通い、美容整形、デリヘル勤務などの体験を書く。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村うさぎの作品

ツイートする