愛と資本主義 (角川文庫)

著者 : 中村うさぎ
  • 角川書店 (2006年5月25日発売)
3.67
  • (6)
  • (9)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044125271

愛と資本主義 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラノベ系の作家さんなのであまり期待せずに読んだのだが、案外おもしろい。何となく全体に焦点がぼけている感じ。物語として完結していない感じがするというか。

  • 中村うさぎの小説の中で一番印象に残っている作品。
    主人公のホストの青年を主軸に様々な女性を描いています。
    作者自身がホストに入れ上げた経験が如実に現れた傑作だと思います。
    切なくて何処か怖さもある作品。
    中村うさぎは、心の闇を描くのが上手い作家さんだと思います。

  • ちょっと、ホラーって思うところがあったり、多重人格になった背景が重過ぎたり。。。

  • ホスト・リョウを主軸に、周囲の女たちの姿を描いた話。「胸に鉛の月を抱き」「月はステラ星はルナ」の章がどっちもかなり印象強い。もう一つの「海にいるのは」もキツイんだけれど。中村うさぎの小説って、読んでいてキツイと思うような話が多い。胸をえぐられるような汚さを隠すことなく書いてしまうからこそ、美しいし哀しいのだろうか、なんて考えてしまいました。そして、「エピローグ」がホラーで怖かったです。

  • 久々に本で泣いてしまった…

  • カリスマホスト・リョウの上客で豪遊を続けていた有閑マダムが400万円のツケを残して行方をくらませた。愛するリョウを救うため、客の一人で多重人格を抱える女は危険な風俗に身を投じる。一方、色恋営業の相手でもある女探偵と共に消えた客の行方を追うリョウは、意外な事実にたどり着く。一人のホストをめぐって幾重にも張り巡らされた愛と憎しみの糸が、やがて思いもかけない衝撃の結末へと導く傑作、恋愛サスペンス。

    えっと、すごいです。
    愛とホスト
    醜い外見のソープ嬢で身を滅ぼす愛を求めるミカ.
    ミカのほかの人格達。
    プロのホストとして、女性の求める愛を金と交換するリョウ。
    自分をボロボロにしたホスト、ルナを忘れられない探偵のマリエ
    人を愛するとは?
    女とホスト

    欲の為
    愛のため
    人が得ようとするのは。
    なんなのか

    この本と出会ったのは今年の夏休み
    私は中村うさぎさんの、極道くん漫遊記シリーズを読んでたんで図書館で借りたんでその流れで



    内容なちょっとグロいシーンもありますが、人魚と月はルナ星はステラにはまったなぁ

    続きはネタバレあり


    三つの話は基本的に繋がっています





    一つ目の話の主人公ミカはソープ嬢。




    幼かったミカは5つの人格をもつことで、母とその愛人である叔父(つまりミカは近親相姦の禁忌の子供)の虐待に耐えてきた。







    名前忘れたけど・・




    わがままで身をほろぼす愛をもとめるミカ







    自分の母親を女神だと尊敬し、常に自分が悪者に狙われていつと信じている△(適当でごめん)







    傷つく事をすべてうけもつ弱き子羊の少女。







    全てを理解し受け持つ男







    すべてを破壊しようとする死神ユウ。







    △が狙われているように感じるのにはわけがあったりとなかなか濃い内容です。







    つか、ミカは結局死んだのだろうか?







    あと、ホストのリョウ君。




    ホストに言った事はないのですが、ほんまにこんなんなんでしょうか!?




    テレビのドキュメンタリー番組でやってたけど(ドンペリ入りまーす☆←偏ったイメージ)私絶対おもんないと思うもん。







    まぁ一番好きなのが最後の




    月はルナ。星はステラってやつ。




    ルナはほんまに天性のホストやったんやね!!ちょっぴり恥ずかしがり屋さん(?)やったから死んでしまったんでしょう(うん)







    にしても最後の展開はびっくりやったわ!!!







    だってな・・・・!!

  • よくわからなかった
    うさぎさんはエッセイの方が好きだ

  • bookoff
    201003
    sold

  • さみしがりの女性なら共感できるはず。

全9件中 1 - 9件を表示

愛と資本主義 (角川文庫)のその他の作品

愛と資本主義 単行本 愛と資本主義 中村うさぎ
愛と資本主義 Kindle版 愛と資本主義 中村うさぎ

中村うさぎの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

愛と資本主義 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする