地獄使い〈1 封印編〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 : 麻城ゆう
制作 : 厦門 潤 
  • 角川書店 (1991年12月発売)
3.32
  • (2)
  • (5)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 50人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044128012

地獄使い〈1 封印編〉 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3巻。

  • 3で完結です。
    平凡な女の子だった桃子は、一人の男との出会いから鬼たちと戦いに巻き込まれていく。
    現在サイキック和風ファンタジー。<BR>

    東京が破壊されて二年。
    桃子は、鬼となった母と対峙する…そして敵の親玉の正体が明らかになっていく。
    麻城さんの作品は、どこかしらダークなんですが、このシリーズもそうですね。

  • 地獄使い〈1 封印編〉 1−3あり

全3件中 1 - 3件を表示

麻城ゆうの作品

地獄使い〈1 封印編〉 (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする