夜雷光―夜を往く者 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 土屋 杏子 
  • 角川書店
3.60
  • (4)
  • (8)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044130091

作品紹介・あらすじ

中学2年生の馬渡修一朗は、ある朝、大型の獣に襲われたとみられる死体の第一発見者となる。その事件をきっかけに修一朗のまわりで、不可解なことが次々とおこり始めた。転校生・志木貴司は、すべての事件は君のせいだと謎の言葉を修一朗になげかけるが…。無数の世界を行き来する、異邦の者たちの宿命は。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 角川文庫

    異世界のものを狩る人たちの話

    鄙びた日本の風景や
    田舎の学校の雰囲気と
    危険な魔物と不思議な転校生…

    二話目のほうが
    好きかな~


    久々に前田さんものを読んだけど
    やっぱり世界に引き込まれるなぁ

    現代日本もの

  • これが一番好き。

  • めっちゃ好きだったお話。たかしが「お帰り」ってな事を言うシーンはなぜか何ども読んでしまった。

全4件中 1 - 4件を表示

前田珠子の作品

ツイートする